もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

’99アジア

過去旅'99アジア その13 トルコ

トルコ (イラン)ギュルブラック国境→ドウバヤジッド→ギョレメ/カッパドキア→イスタンブル→(アムステルダム経由)帰国 予定では最後の訪問国、トルコ。終わりに近づくと急いでしまうのはこの頃からの癖だったようで、一気に横断してしまった感がある。イスタ…

過去旅'99アジア その12 イラン3

ギーラーンちょっとだけ旅行記 マースーレ当時の旅日記 イランといえば確かに砂漠や岩山ばっかりだけど、カスピ海沿いでは気候は違って雨が降ります。緑も多くその風景は日本にさえ似ていて最初は意外に思えました。イランでも米を食べますが、この地域の田…

過去旅'99アジア その11 イラン2

モジガンと一緒 テヘラン当時の旅日記 かつて日本に出稼ぎに来ていた親切なイラン人にお世話になった、というお話 イラン人といえば偽造テレホンカードの不法販売で一躍有名になりましたが、それ以前は建設業等で働いていました。バブル崩壊後暫くして、景気…

過去旅'99アジア その10 イラン1

イーラーン (トルクメニスタン)サラフス国境→マシュハド→テヘラーン→イスファハーン→シーラーズ/ペルセポリス→バム→ヤズド→イスファハーン→テヘラーン→ラシュト/マースーレ→タブリーズ→マークー→バザルガン国境(トルコ) アシュガバートで世話になったメ…

過去旅'99アジア その9 トルクメニスタン

当時のトルクメニスタン旅日記です ●国境を越える -----このバス、トルクメニスタンへ行く? -----トルクメニスタン? あー、そんならタモージュネへいくんやなー -----タモージュネって何? -----カラクル、アラート、ほんでタモージュネ アフトーブスは向…

過去旅'99アジア その8 ウズベキスタン2

この国には工芸品に対するような愛おしさを感じる どこでも子供たちは皆無邪気に集ってくる ヒヴァ 中央アジアの秘宝。説明は必要無いと思う。今まで訪れた場所の中で五指に入る。 アルクの上部が展望台になっていて壁に囲われた旧市街の見晴らしが素晴らし…

過去旅'99アジア その7 ウズベキスタン1

オズベキスタン タシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァ、国境(トルクメニスタン) 飛行機がタシケント上空にさしかかり高度を下げると、街を流れる運河の川面が目に付いた。絵の具を垂らしたようなはっきりとした水色だった。砂漠地帯を流れる川の水は…

過去旅'99アジア その6 パキスタン

パキスタン (インド)→ラホール→ペシャワール→ラワルピンディ/タキシラ→ラホール→(ウズベキスタン) 思い返せば信じられないほど多くの日本人旅行者がこの時期このルートの路上に溢れ返っていた。バンコクはともかく、インド、ネパールのある程度の有名所…

過去旅'99アジア その5 インド3

インド3 ラジャスタンはそれぞれの街に独自の文化と特色が感じられ興味深く思えた ピンクシティ ジャイプル おばちゃんもピンク ブルーシティ ジョードプル 高所からの眺めに真っ青 宿主にホーリーのお祭りへ駆出された人たち ゴールデンシティ ジャイサルメ…

過去旅'99アジア その4 インド2

インド2 (ネパール)→ヴァラナシ→デリー→アーグラー→ボーパル/サーンチー→インドール→アジャンタ→アウランガーバード/エローラ→ムンバイ→アフマダバード→ジョドプール→ジャイサルメル→デリー→ジャイプル→チャンディガル→アムリトサル→(パキスタン) 疾風怒濤の…

過去旅'99アジア その3 ネパール2

カトマンズ 虫の知らせとはよく言ったものだ。漠然とした感情がふっと湧き上がってきて確認をすると恐れていたことが確かに起きていた。カメラが無い。 ボダナートを訪れた時のことだった。帰りのバスがぎゅうぎゅう詰めでまあ大変な混雑だった。デイパック…

過去旅'99アジア その3 ネパール1

旅も長期に渡れば常に良い時間を過ごすことができるわけではない。特に人々の考え方や習慣を知らない外国にいるのだから、流れに無闇に抗ったり逆らったりすることは必ずしも得策とは限らない。ここは運が無いなと感じたら、 まずは何とかうまくやり過ごすこ…

過去旅'99アジア その2 インド1

この当時はデジカメなど無かったので当然ながら銀塩カメラを持っていった。そういえばこんな言い方もしなかったと思う。カメラはカメラでしかない。ただフィルムは最初からリバーサル(スライド用)フィルムだった。家に簡単なスライド映写機があったため、…

過去旅'99アジア その1 タイ

昔の旅の写真があがってきました。 これは、その前年の旅行中に出会った長期旅行者に感化されて僕が初めて企てた長旅でした。フィルムをスキャンしながら日記帳を読んでいると当時の記憶がまるで昨日の事のように思い起こされます。すっかり忘れていたことを…