もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

モロッコ,チュニジア 2013

一気にアジアへ飛ぶ

チュニス→ドバイ→ジャカルタEK 748 TUN−DBX EK 356 DBX-CGK青い海と広い空、古の世界に誘うギリシアやローマの遺跡たちと近代都市、そして長雨と耳がちぎれるような冷たい吹雪… いろいろあった地中海世界ともお別れだ。一気にアジアへ戻るぞ。いざその時が近…

チュニスへ戻る

チュニジアへはモロッコから入国、最初はチュニスに到着。 その後、チュニス(⇔カルタゴ、シディ・ブ・サイド)→カイルアン→スース(⇔エルジェム)→チュニス(⇔ドゥッガ)と戻ってきた。意外と観光が容易な国だ。 実は失敗したと思っている。途中でもう少し南…

チュニジアのモザイクタイル画

チュニジアには多くのローマ遺跡が残り、その時代の平面芸術はモザイクタイル画です。 実際に見て判ることだが、数少ない素材から創り出されるその意外にも豊かな表現に、驚くばかりだ。・カルタゴ博物館 ・エル・ジェム考古学博物館 ・スース考古学博物館 …

久々のフライト〜チュニス初日

カサブランカ → チュニスTU712 CMN-TUN久々のフライトだった。カサブランカのムハンマド5世国際空港からチュニス・カルタゴ国際空港まで。 2時間20分の短いフライトだが、昼時なので食事が出た。気前よく丸いパンを2個くれたが、肝心の肉料理の味付けがあま…

マラケシュ急行

明るい雰囲気のラバトに一泊した後、マラケシュまで来た。マラケシュといえば、クロスビー、スティルス&ナッシュの「マラケシュ・エクスプレス」である。 列車に乗っている間、その軽やかなリズムとメロディが頭の中を流れていた。 ♪ Take the train from C…

体調回復!

体調回復 翌朝は遅く目覚め、昼までベッドの中で本を読む。フェズの宿で手持ちの本と交換してきた文庫本のうち、村上春樹の『1Q84 Book1』下巻。 物語が頭の右から左へとスッと抜けていくような読後感。いや、いい意味で言っているのではない。以前のように…

風邪をひき体調が悪いなか、歩き回る

風邪をひき体調が悪いなか、歩き回る シェフシャオエンで傘を買ったのも時既に遅かったようで、風邪をひいてしまった。 風邪だから休んでいればよいのだけれど、そうもいかない。 チュニジアへ飛ぶフライトのチケットをとってしまったのだ。出国日から逆算し…

毎日雨

毎日、雨。 弱かったり、強かったり、思い起こしてみればここのところずう〜っと雨にあたっているではないか。 記憶をたどってみると、こんなだった…3/7 シェフシャオエン 雨 3/6 シェフシャオエン 雨 3/5 テトゥアン 曇り時々雨 3/4 移動日 アルヘシラス 雨…

モロッコへわたる・イスラムの国へようこそ

アルへシラス→タンジェ 旅行中何が嫌だって、朝起きて雨の降る音が聞こえることくらい嫌なことはない。 特にそれが移動日だったりすると、一日の初めから憂鬱な気持ちになる。愛想の良い宿の管理人家族に挨拶をして、薄暗い雨雲を見上げながら港への道を急ぐ…