もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

中国四川雲南他2015-16

中国で泊まった宿 その4

中国で泊まった宿 その4 (承前) *印の宿は外国人登記なし(多分)←省によって厳しさは違う。例えば貴州は厳しいが雲南はそんなもん気にしないところが多かった。 ご参考までに。<情報は滞在時(2015.12-2016.01)のもの> ■麗江 暁院客桟 部屋・双人房3泊2…

中国で泊まった宿 その3

中国で泊まった宿 その3 今回の旅でこれまでに泊まった安宿です。中国で安宿を探すと外国人宿泊不可の所が多いので、面倒になり青年旅舎がある街は迷わず青年旅舎に決めてしまった。ドミトリーは30-50元、部屋では80-130元位とみていた。部屋外の共同トイレ…

河口へ/中国おしまい

緑春から河口へ 河口行きのバスは朝6時30分発、18人乗りの小さなバスだった。 この車には珍しい客がいる。 出発前に降ろされると思ったが、何と河口まで乗ったままだった。運転手と車掌公認で、いつもこの車で往復している様だ。休憩時には外に出してもらい…

緑春に行く

緑春 Lu:Chun 次なる目的地はベトナム国境の街河口なのだが、直行するのも芸が無いと思いどこか途中に寄る所はないかと探して、緑春という町をみつけた。少数民族衣裳を着た人も多いそうだし、元陽~緑春の車窓も良い風景だという話なので、行ってみることに…

新街镇の市を歩いてみる

新街镇の市 今日は新街から移動する予定なのだがマーケットがたつ日でもある。出発前に見てみたかったので、少し早い時間だが宿を8時に出た。 梯田広場から階段を下りてすぐのあたりはまだ市が立っていない。半分以上が準備中である。市って朝早くから開いて…

多依树、坝达~箐口

多依树(多依樹)、坝达(壩達)~箐口 朝遅く宿を出て町中を散策する。新街镇は丘の町なので坂や階段が多い。インドの北の方でよく見掛けたふうなつくりだが、中国の旅では初めてかもしれない。ダージリン、シムラー、ダラムサラ、みな懐かしく思い出される。少…

元阳に棚田を見に行く

元阳(元陽)新街鎮 坝达(壩達) 客運站の建物に入る前に横の店で焼豆腐を5つ、2元。出発前のちょとした腹の足し。 今日は建水から棚田で有名な元陽新街に移動する。新街鎮への直行バスが1時間後にあるのだが南沙行きのバスもその30分前にあるので、そちらを使…

建水

建水 昆明から建水へ移動する。建水へのバスが発着する南部汽車客運站は地鉄に乗って行くことができるとはいえちょっと遠いので、金額の安い鉄道を使って行くことにした。1日4便、所要時間は約3時間半、料金は硬座で43.5元。この路線は河口北まで近年開通し…

昆明でとるベトナムビザ情報

※在昆明ベトナム総領事館 ・No. 507, HongTa Mansion. 1 No.155 Beijing Road, Kunming, China 昆明市北京路155号附1号 紅塔大厦507号室 昆明駅から北京路を北上して右手にある高層建築、ツインタワー内。エントランスは建物裏手にあり脇の道から入りスロー…

昆明再び

昆明 そこで昆明までやってきた。この街は2年前に訪れひととおり歩き回っている。今回は別の宿に滞在し(といってもまたもや青年旅舎だが)、まずは当時の記憶を元に同じようなルートを散策してみた。以前ネットしに訪れたカフェが潰れていたり(McCafeでは…

大理で年越し

大理 またこの時期になった。クリスマス、年末年始というのは、一人で旅行している自分にとっては特に嬉しいものでもない。街には人が溢れ歩きにくいし妙な音楽が流れ耳障りだし、西洋人達に同調する気にはなれない。ここ中国では今や世界的に有名になった春…

麗江

麗江 古城入口で入域料(麗江古城維持費)を支払ったところで客引きのオバちゃんに捕まった。最初見せてもらった部屋は広かったものの1階で薄暗かったので断り、2軒目の宿で3泊するからとい言い値切って決めた。いずれも古城内にある瓦屋根と木造造作(構造…

成都に戻る

成都 発熱した翌朝は微熱程度だったのでバファリンで熱を下げ、バスにて成都へ移動、無事到着。バスターミナルのある茶店子から地鉄で便利な拖板鞋青年旅舎(Flipflop Lounge Hostel)にまずは落ち着いた。ここは立地も良く、コモンスペースを含め居心地の良い…

丹巴で梭坡へ行く/発熱して一休み

丹巴 Danba 康定からのバスは朝7時30分発。外はまだ暗く、しばらくの間眠る。目が覚めると既に外は明るく、窓の外は美しい渓谷だった。時々セメント採掘場のようなものが目に入るものの、見応えの有る風景がずっと続いた。やがて塔のある集落が対岸に見え丹…

丹巴へ行くため康定まで戻ってしまった

色達→康定 僕とM君の次の行き先は丹巴なので一緒に行くことにした。ただ色達から丹巴へ直行する車は無く、炉霍か八美あたりで乗換えなければならない。前日のうちに当たりは付けておいた。客運站の售票处では翌日発のバスは全て席が無く翌々日なら有ると言わ…

喇荣→天葬台→色達

喇荣→天葬台→色達 想像していたよりは居心地の悪くない喇荣賓館、なんだかずるずると連泊してしまいそうな気がした。しばらく宿泊している中国人の若者の気持ちがわかるような気もした。ただ少しだけである。せっかくのラルンガルなのに外に出ないでゲームば…

喇荣五明佛学院へ

喇荣五明佛学院 Larung Gar ヤチェンの翌日はラルンガルゴンパへ行く。 今日は色達へのバスの運行が無いこと及び乗合タクシーが朝7時半頃出発したことを前日に確認済だったが、念のため7時過ぎに交差点に行き乗合が有ることを確認してから宿に戻りチェックア…

亜青寺へ行く

亜青寺 ヤチェンガル・アチェンガル Yarchen Gar 朝7時前は宿の入口に鍵が掛かっているので、老板を起こして開けてもらいまだ暗い町へ出る。川蔵路と清河街の交差点にバスが3台停まっていた。1台は亜青・昌台行き。もう一台は喇荣・色達行き、もう1台は失念…

成都→康定→甘孜

成都→康定→甘孜 成都の新南門バスターミナルから康定行きのバスは午前中なら1時間に1本出ているので、とりあえず朝7時30分過ぎに宿を出たところ8時のバスの車票が買えた。泊まっていた宿は 熊猫夫人青年旅舎(Mrs.Panda Hostel・旧Traffic Inn)。このホステ…

成都で一仕事

成都で観光ビザ延長 成都に着いた翌朝早速市公安局へ出向きビザの延長を試みる。地鉄を天風広場で降り、マオ像左手にある建物の裏側が出入境管理処なので3階までELVで上がる。受付でその旨を伝えるとDutyOfficerの部屋に通された。ここで幾つか質問されるの…

冬枯れの九塞溝

冬枯れの九塞溝 松藩まで来たからには当然ながら九塞溝にも寄ってみた。淡期(オフシーズン)の入場料は80元とグンと値下がりするが、域内のバス利用料金が80元なことはどうしても解せない。さすが中国、最初から最後まで気持ち良く観光できることなど滅多に…

夏河→郎木寺→若爾盖→松藩

夏河→郎木寺→若爾盖→松藩 夏河ではちょっとしたプロブレムのため滞在が1日延びてしまった。ただ結果的にはこれで良かった。というのも風邪をひいてしまって未だ体調が回復をしていなかったからだ。中国の安宿は部屋に暖房設備が無いためとても寒いのだ。極端…

夏河 

夏河 Xiahe 拉卜楞寺 Labrang Si 張掖から西寧を経由して夏河に来た。 西寧は普通の都会で街中には特に見所は無く、気になったところといえば新しい鉄道駅と水井巷市場、中国藏医葯文化博物館くらいだった。ところで12/1からDicos/徳克士のメニューにホット…