もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

中国絲綢之路他2015

中国で泊まった宿 その2

中国で泊まった宿 その2 今回の旅でこれまでに泊まった安宿です。中国で安宿を探すと外国人宿泊不可の所が多いので、面倒になり青年旅舎がある街は迷わず青年旅舎に決めてしまった。ドミトリーは30-50元で部屋で80-130元位とみていた。部屋外の共同トイレシ…

馬蹄寺

馬蹄寺 Mati Si 張掖ではフビライが生まれた所とされている大仏寺を訪れた翌日、馬蹄寺まで足を伸ばした。ここも崖に掘り込まれた岩窟寺院でチベタンでもある。真っ白なチョルテンや色とりどりのタルチョが美しく、何だか懐かしくもある。ついに中国のチベッ…

麦積山石窟

天水 麦積山石窟 Tianshui MaijiShan Grottoes 麦積山のことは中国を旅行しようという意識が生まれるずっと前から知っていた。ソ連崩壊後の混乱を経てようやく落ち着いた頃の中央アジアとその周辺を旅した二人の旅行者が出版した本(ガイドブック)を以前に…

西安 兵馬俑

兵馬俑 Bingmayong, Terracotta Army of Mausoleum of the First Qin Emperor その壮大なスケールには息を飲む。ほぼ実物大の兵士の群れ。その数、規模も実際のものだ。軍隊一個丸々土の中に二千年以上もの長い間埋まり続けた後、井戸を掘りに来た地元の農民…

平遥

平遥古城 Pingyao Old Town 香港から西安あたりまでまた戻らなければならない。蘭州まで来て一旦OUTしたのだから次は西安INとして旅が続いているような気分でいたかったのだ。少しでも費用を切り詰めたかったので当初は陸路での移動を考えた。長沙、武漢を経…

中国で泊まった宿 その1

中国で泊まった宿 その1 今回の旅でこれまでに泊まった安宿です。中国で安宿を探すと外国人宿泊不可の所が多いので、面倒になり青年旅舎がある街は迷わず青年旅舎に決めてしまった。ドミトリーは30-50元、部屋で80-130元位とみていた。部屋外の共同トイレシ…

香港不是中國!

香港不是中國! 先日香港対中国のサッカーワールドカップ予選が行われ、何と小国香港が大国中国に勝ちはしなかったものの、首尾よく引き分けに持ち込んだ。TVのニュース番組ではこの3日間毎日の様に同じ映像を流し続けている。これも面白いものだ。 ちょうど…

中国ビザなし15日滞在

中国ビザなし15日滞在 中国ビザなし15日滞在というのは何とも悩ましい時間の長さだ。この制度※が便利なようで便利ではない事は、実際自由な旅行をした人にとっては周知のことだろう。中国は本当に国土が広く、15日なんて、限られたエリア内を巡るか場所を選…

蘭州で牛肉麺を食べ炳霊寺石窟を訪れる

炳霊寺 Bingling Si 蘭州に来た目的は2つ。蘭州牛肉麺を食べることと、炳霊寺石窟を見に行くことである。 今まで幾つかの町で牛肉麺を食してきた。食事を安くあげようとすれば、特に昼食などには牛肉麺はおあつらえむきである。シルクロードの町では必ずとい…

嘉峪関長城

嘉峪関 敦煌から嘉峪関へのバスは2日前に予約したせいか最前列の展望席だった。ただこの区間の車窓は単調、市街区域以外のほとんどは砂漠かそれに近い原野で特に見るものがない。折角の特等席で何かもったいなかったがそんな訳でウトウトしていた時間が多か…

敦煌

敦煌 見学はガイド付きのツアーのみ。チケットを購入時にガイドの言語を選ぶのだけど、オフシーズンだと日本人観光客は少ないので一人になる可能性が大きい。前日の午後だったら他に日本人客はいたようだが当日は僕一人。サイさんという女性のガイド、日本語…

ウルムチ

カシュガルからは次の目的地敦煌を目指す。といってもダイレクトに行くには遠すぎるので途中ウルムチを経由する。ウルムチは2年前に滞在しているので今回は1泊のみ。宿はYHの中で一番安かった雷鳥国際青年旅舎を予約しておいた。 2年ぶりの駅前は何も変わっ…

カシュガルを去る

カシュガルを去る 郊外の家畜バザールから老城青年旅舎に戻り、中庭で少しの間時間をつぶす。今晩は夜行なのでチェックアウトは朝出掛けに済ませてある。知った人間がいないので出発までひとりでぼうっと過ごした。此処はいわゆるユースホステルらしいホステ…

カシュガルの家畜バザール

カシュガルの家畜バザール Livestock Bazaar at Kashgar 新疆ウイグルは2年前に訪れているため今回はすっ飛ばしてもよかったのだが、やはりこれが気になっていたので日曜日をカシュガルの滞在に含めることにした。前回はとても残念な思いをしたが、今回こそ…

カシュガルをぷらぷらする

カシュガルをぷらぷら カシュガルの滞在は2度目だ。大きな街ではないので目ぼしい所は前回に大方訪れたが、何度来ても老城の街歩きは楽しい…、と喜んでばかりいられないことはすぐにわかる。それが中国。 まあぷらぷら歩きますか。 2年前この通り沿いには建…

タシュクルガン→カシュガル

タシュクルガン→カシュガル 今日はカシュガルに行くため早起きしてバスターミナルへ赴く。朝8時30分に建物入口が開き窓口で車票を購入できることを前日のうちに確認しておいた。でも30分前で既に人が並んでいるのに照明も何も点いていない。北京時間の朝8時…

中国に入国

(承前) 変なゲートがあった 峠近くに中国のカスタムはあるがイミグレはずっと先のタシュクルガンの町少し手前にある。変則的だ。パキスタンとタジキスタンへの出入国を1箇所でまとめたいという意図なのだろうか。カスタムでは荷物の中身まで調べられたが、…