もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

タイで久しぶりの夜行バス

タイで久しぶりの夜行バス




ラオス国境の町ノーンカーイまでバンコクから夜行バスでやってきた。
モーチットのバスターミナルへは行くのが面倒なのでわざわざ前もってチケット買いに行きたくはなかったが来て正解だった。最初にナコンチャイエアー社のブースへ行ったところ翌日の夜行は売切れと言われた。朝の便なら購入できたのだがそれでは宿代が浮かない。そろそろ旅の終わりで予算を気にし始めているのだ。
チャンツアーと迷ったが結局一番派手に売場を構えているトランスポート社で1stクラスの夜行便チケットを購入、490バーツ。ここも残りわずか3席だった。実はVIPクラス(730バーツ)に乗るつもりだったが窓口で話をしているうちに1stでいいやという気になった。結果個人的には特に問題なく過ごすことができた。
出発後すぐに飲み水のパックとアンパンが配られた。パンの箱には何故かインスタントコーヒーも入っていたが湯も無いのにどうするのだろう。(もしかしたら頼むと貰えた?)後の休憩時にオレンジジュースも配られた。

海外で夜行バスというものに初めて乗ったのは実はタイのスコタイ→バンコク間の便。憶えていることといえば、窓ガラスが曇るほど車内が冷房でギンギンに冷えていたこと、妙なリズムのコミックソングのような音楽が一晩中掛かりっぱなしだったこと。おかげで全然眠れず朦朧とした状態でまだ真っ暗な早朝のモーチットに着いたこと。そこから市内にどうやって移動したかなどまったく憶えていない。初めての長旅の頃で、もう10年以上も昔のことだ。

そんな当時の記憶が頭の中をかすめたが、現在のタイのバスはずっと洗練されている。0時を過ぎたところで車内でかかっていた映画は打ち切られ消灯。冷房も適度だ。1stクラスの2階建てバスは静かな夜の旅の時間を過ごすことができるのだな…と思っていた矢先の深夜1時過ぎ、車内の照明が点きバスは大きなロードサイドの食堂の駐車場に入っていた。さすがタイ…なところは、この時間なら他所の国では半数くらいの乗客は眠りに入っているのに、ここではほとんどの客は下車して、倉庫のように巨大でがらんとした建物に入っていく。中や周りは深夜とは思えないほどのバス客でごったがえし、皆屋台で注文をしたり食堂で食事をしたりしていた。どうやら僕が乗ったバスの会社の専用施設のようで、こんな時間にもかかわらず同じ会社の20台近くもの大型バスが立ち寄り大勢のタイ人旅行者たちの胃袋を満たしているのだった。さすがタイランド
途中警察の検問で起こされたりしたものの思っていたより眠ることはできたみたいだ。手前のウドーンターニーで乗客は八割方降り、空いたバスは朝8時過ぎノーンカーイのターミナルに到着。