もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

色とりどりな人々

バクハーのサンデーマーケット Bac Ha Market on Sunday 

 

 

バスでやってくる団体客は10時、早くても9時半頃から集まり始めるだろうとよみ、それまでに大方見回ってしまうつもりで8時前に宿を出る。朝霧が薄く掛かっていて、いかにも東南アジアの山間いの日曜市場という感じだ。

 

f:id:pelmeni:20160602194850j:plain

f:id:pelmeni:20160602202607j:plain

f:id:pelmeni:20160602195229j:plain

f:id:pelmeni:20160602194914j:plainf:id:pelmeni:20160602202916j:plain

 

だんだん人が集まってきた。前日に感じた地味な雰囲気とは打って変わっての華やかさ。うひょー、きれい、きれい、すばらしい。

 

f:id:pelmeni:20160602194927j:plain

f:id:pelmeni:20160602202927j:plain

f:id:pelmeni:20160602204653j:plain

f:id:pelmeni:20160602203208j:plain

f:id:pelmeni:20160602203313j:plain

f:id:pelmeni:20160602204034j:plain

f:id:pelmeni:20160602210430j:plain

 

目を奪われること暫しの間。ただ何となく、この色は最近の流行なのかなあとも思った。少なくとも蛍光色っぽい鮮やかさは昔からのものではないだろう。もちろん心を打つ艶やかさには違いはない。

バクハーに来て良かった。ハジャンに行き損ねた悔しさなど既に忘れかけている。思えばそのような定めになっていたのだろう。恐らく、十年早いわ、バクハーを見てからにしろ!とでも旅の神さまが決めたに違いありません。