もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

ミトーへ行く

 

 

猥雑な都会の喧騒が嫌になりメコンデルタに急いだ。中国からベトナムに入り、旅のテンションが上がらない。少なからず相性の良い国悪い国はあるわけで、この国はどうやら後者かもしれない。なんとなくハノイあたりから薄々と感じ始めていた。

ホーチミンシティのミェンタイバスターミナルからミトーまでは3時間だった。乗ったバスはACのない中型バス。料金も安い。地元民で一杯になったバスはひたすら平坦な田園地帯を走る。小さな町、何もない田んぼの中、バスは度々停まる。ごく普通の生活が垣間見られる車窓だ。気が付けばミトーのバスターミナルへ。

ここも街からは離れているのでバイタクを使う。金額交渉中に運転手がつい1キロ5,000ドンということを認めてしまったために、彼は街の中心まで15,000ドンで行くことを渋々認めざるを得なかった。ローカルプライスとそれ程違わない金額の様でちょっとした満足感だ。たまにはこちらも良い思いをしなければやっていけない。金額交渉も毎回のことながら疲れるのである。

ただ運転手は親切にも安宿まで連れて行ってくれた。まだ時間が早かったので他もまわってみたが安宿を見つけることができず、結局始めの宿に戻ってきてしまった。HCMCから近いので皆日帰りツアーで立ち寄るだけの町なのかもしれないと思った。

 

f:id:pelmeni:20160614021549j:plain

f:id:pelmeni:20160614021610j:plain

遅い昼食後街歩き。これは細い米の麺の入ったフーティウという料理。

その後市場へ行く。このとりとめの無さが、好きだ。

f:id:pelmeni:20160614022112j:plain

f:id:pelmeni:20160614022125j:plain

f:id:pelmeni:20160614022137j:plainきれいな、お・な・か

 

歩いていて奇妙な外観の寺院に遭遇した。外見のみならず、中に入っても、怪しさ全開!なのである。何でもカオダイ教という、いろいろな教えをミックスしたベトナム独特の教会だそう。

f:id:pelmeni:20160614024024j:plain

f:id:pelmeni:20160614024042j:plain

f:id:pelmeni:20160614024052j:plain

 

 

夕暮れの水辺には独特の雰囲気がある。最近きれいに改修されたばかりの遊歩道を歩く。

f:id:pelmeni:20160614024234j:plain

f:id:pelmeni:20160614024754j:plain

f:id:pelmeni:20160614024809j:plain

f:id:pelmeni:20160614024821j:plain

 

 

夕食はナイトマーケットで。ベトナムの料理、安いけど一皿の量が少ない。結局何か食べ足すことになり、極端に安く済ますことはあまりない。毎日腹いっぱいになっていた中国とは大違いだ。