もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

ミトーぶらぶら

 

遅めの朝食にバインセオ。近くの店で食べたので少し高かったが量も多く味も良かった。バインセオは以前から名前は知っていたので、初め北の方で探したが見つからなかった。どうやら南部の食べ物らしい。

f:id:pelmeni:20160617101537j:plain

整然とした町並みにはきれいな建物も多く街歩きが楽しい。

f:id:pelmeni:20160617101615j:plain

ごみ運搬船にも目玉が描かれている。

f:id:pelmeni:20160617101827j:plain

今日は渡し船で川向こうのタンロン島へ行ってみる。

f:id:pelmeni:20160617101919j:plain

f:id:pelmeni:20160617101932j:plain

f:id:pelmeni:20160617102605j:plain

たった5分の距離。船着場は東南アジアによくある小さな市場と一緒になったタイプ。この薄暗く雑然とした雰囲気が好き。その先には意外にも普通の商店街や住宅街がひろがっている。

f:id:pelmeni:20160617103246j:plain

f:id:pelmeni:20160617102632j:plain

f:id:pelmeni:20160617142121j:plain

f:id:pelmeni:20160617104018j:plain

少し歩いたら反対側の岸辺に出た。島は大きな川の中にありこちら側が本流と面している。小さいながらも水上集落がある。

f:id:pelmeni:20160617104032j:plain

f:id:pelmeni:20160617104051j:plain

f:id:pelmeni:20160617104115j:plain

f:id:pelmeni:20160617104239j:plain

 1時間ぐらいでもどる。このくらいの長さではたいしたものは見られないが、まあちょっとしたぶらぶら歩きといったところ。対岸のミトーの町ともこんなに近い。

f:id:pelmeni:20160617110036j:plain

 

 町に戻る。

f:id:pelmeni:20160617110050j:plain

いや~、暑いので、まずは一杯

f:id:pelmeni:20160617110103j:plain

ついでにはしご。

でもこれだけアイスコーヒーがポピュラーな国って他にないだろう。まあ3in1の甘ったるい全部入りなら他の東南アジアでもあるのだが、ちゃんと淹れたコーヒーとなればベトナムの他にあるのかな。おまけにポット一杯のお茶まで付いてくる。コーヒーを飲み終えたら残りの氷の上にお茶をそそいでアイスティーをお楽しみくださいということだ。のんびり時間をかけてお寛ぎくださいといったところか。暑い南部ならではのサービスだろう。

 

f:id:pelmeni:20160617111547j:plain

f:id:pelmeni:20160617111601j:plain

 

f:id:pelmeni:20160617111943j:plain

普段からそうなのかテト前だからなのか知らないが、夜になっても町中の人通りは絶えない。特に川沿いの通りには数多くの露店や夜市が立ち並び、多くの人々がそぞろ歩きをして結構な雰囲気である。少し湿った生暖かい風がゆるゆると流れる中、彼らに交じってぼくもぶらぶらと歩く。気持ちが良い。これでもう少しバイクが少なければ言うことないのだが、ここもベトナム