もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

スリンに着く

スリンへ

 

(承前)

オスマックーチョンチョム間の国境を徒歩で通過する。手続きは極めてスムーズに行われた。本来は喜ぶべき「何の問題も無い」事に対して物足りさを感じる自分に何だかイヤな気がした。

タイに入国してそのまま歩いていくとすぐにスリン行きの乗合バス乗場がある。ここにはその存在を暫くの間忘れていた時刻表というものが存在する。バスの本数も多く何だかほっとした。チケットを窓口で購入して停まっている小型バスに乗り込む。国境にカジノがあるのでタイ側は利用者が多いとのことである。気が緩んで眠たくなってきた。バスが動いたことに気が付かなかった。

 

午後3時に出発、1時間20分で終点のスリン街中にあるバスターミナルへ着く。こちら側はもう辺境でも何でもないごく普通の車窓だ。翌日朝のバンコク行きのバスチケットをその場で購入。数社のブースがあったが値段はほとんど違わないので、今回もTransport社を選んだ。実はタイでまだ鉄道に乗ったことがないので、初めはここから鉄道でバンコクもしくはアユタヤまで行こうと考えたのだが、バスのほうが楽なので結局バスを選んでしまった。

宿は鉄道駅前の New Hotel へ。かなり巨大なホテルで部屋のバリエーションも多く、その部屋も広いうえに結構安い。地方都市だとこんなものなのだろうか。

暗くなった後町に出て夜市の屋台で夕食をとる。安いので次から次へと…、そうだ、タイは屋台が安いのだ。いろいろ思い出してきた… 

 

f:id:pelmeni:20160523150648j:plain

 

ふり返れば今日は本当にいろいろあった一日だった。午前中にプレアヴィヒア寺院を往復してから、アンロンベン、オスマック国境、チョンチョムからスリンと陽が暮れるまでに一気に移動してきたわけだ。遺跡の見学、タクシーで移動、国境通過、新たな国へ入国、夜市で屋台のハシゴ、と比較的短時間で多くの事が次々と起こり、疲れや飽きを感じることなくあっという間に一日が終わった。そういう意味では充実した感がある。それと同時に根無し草な旅の感覚を本当に感じる一日でもあった。急ぎ過ぎたかもしれないとも思う。当初はアンロンベンで一泊してもよいと考えていた。でも出国直前は気持ちが既に次の国へと跳んでしまうことが常で、一気に移動してしまうことが多い。移動し続ける際の地に足が着かない浮遊感の様な感覚もまた好きなのだ。

 

 

f:id:pelmeni:20160523150832j:plainスリンは象で有名なところ

 

 

【移動】 
チョンチョムボーダー→スリン 乗合バス 60バーツ
【宿泊】
New Hotel 180バーツ(ファン付 トイレシャワー付)