もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。

喇荣五明佛学院へ

喇荣五明佛学院 ラルンガル  Larung Gar

 

 

 

ヤチェンの翌日はラルンガルゴンパへ行く。

今日は色達へのバスの運行が無いこと及び乗合タクシーが朝7時半頃出発したことを前日に確認済だったが、念のため7時過ぎに交差点に行き乗合が有ることを確認してから宿に戻りチェックアウトした。
交差点には昨日亜青寺からの帰りに乗ってきた白タクが同じ運転手と共に停まっていた。今日は亜青へのバスの運行が無いから彼の車が足になるということだ。ちなみにこの車にはナンバープレートは付いていない。それでも公安は問題にしていないなんて、おおらかなのか、ザルなのか。。
前日とは違う車だったが客は集まりやはり朝7時半頃に出発した。その中には思いも寄らないことだったがM君という日本人旅行者がいた。

 -----こんな時期に旅行するなんて物好きですね
 -----お互いに(笑)

積雪もあるしどのくらい時間が掛かるか見当も付かなかったが、小柄な運転手の腕は良いようで、状態が悪い所と良い所の繰り返しにも安定したハンドルさばきだった。そして運の良い事に、他にラルンガルゴンパに行く乗客がいたせいか、色達へ行く前にラルンガルゴンパへ寄ってくれた。午後1時過ぎにラルンの駐車場に着く。ここまで上がらずに色達へ行くものだと思っていたのでこれはラッキーだと喜び、直接丘の上にある喇荣賓館に向かうことにした。時間も早く陽は高い。

 

 

f:id:pelmeni:20160102234110j:plain

f:id:pelmeni:20160102234130j:plain

f:id:pelmeni:20160102234151j:plain

f:id:pelmeni:20160102234215j:plain

f:id:pelmeni:20160102234247j:plain

f:id:pelmeni:20160102234308j:plain

f:id:pelmeni:20160102234328j:plain

歩きながらずっと「壮観だなあ…」と心の中で思っていた。赤の補色は緑だから、周りの山に草木が彩る季節の方がよりはっきりと際立つのだろうが、雪の中の赤い町というのもこれはこれで見物ではないか。紛れもなくこの旅のハイライトの一つである。出発前にはフンザ、カシュガルの家畜マーケット、そしてこのラルンガルゴンパの3つを訪れることが今回の旅の最大の目的であった。もちろん他にも印象的な場所を多々みてきたが、これらはやはり他を寄せ付けないほどの強力な場の力を持っている。

 

f:id:pelmeni:20160102234352j:plain

【宿泊】
喇荣賓館 4人ドミ45元 電気マットそして何とWiFiあり(多分一部屋のみ)。そのせいか先客の中国人旅行者は外出もせず一日中部屋に篭りっ放しでゲームをしていた不思議な若者だった。シャワー無し。受付の英語を話せるお姉さんは親切なうえ非常に可愛い。

【移動】
甘孜→喇荣佛学院  乗合タクシー(色達行) 70元 朝7時過ぎ頃発
          隔日で早朝発の色達行きバスあり