もう少しだけ旅させて

旅日記、のようなもの(2012-16) 基本一人旅 旅に出てから日本語を使わないので、忘れないように。ほとんど本人の備忘録になりつつあります。情報は旅行時のものです。最近はすっかり懐古モードでひたすらノスタルジーに浸っています。

’05旅回想 その24 ミャンマーの旅は続く

ミャンマー2 バガンマンダレー Dec. 2005

ニャウンウー・バガン遺跡→マンダレー→ピンウールウィン(メイミョー)

 

f:id:pelmeni:20210307121940j:plain

雨はまったく予想していなかった。雨期ではないのに、ニャウンウー到着の午後から出発日まで計4日もの間雨にあたり続けるなんて、運が悪いのか日頃の行いが悪いせいかはしらないが、とにかくついていなかった。特に空を見上げながらパゴダ巡りを決行した日が結果的に一番雨脚が強かった。なんてこった。おまけに気温はそれほど高くなかったが湿度がものすごい。雨に濡れた服などを乾かそうとして一晩掛けておいても全く乾く気配がない。常に湿った物が体に纏わりついている感覚は正直嫌だった。地元の人が身に着ける簡素で風通しの良さそうな着物こそ、この土地に相応しい服装なのだ。

広い平原に数多くのパゴダや寺院が点在しているバガン遺跡を個人で見学するには何か足が必要なので、自転車をレンタルして巡ることにした。しかし雨だった。ここはミャンマー。幹線道路付近を除けばアスファルト舗装などという洒落た物は無い。未舗装の道に撒かれた砂には水が浮き自転車で進むには結構な障害になった。更に砂が無いところはただでさえ柔らかい土が水を含んでグニャグニャになり人が歩くことさえままならない。結局一部はあきらめ翌日に持ち越したが、その翌日も途中で雨が降ってきたのでもう面倒になって途中で引き返した。

平原に古いパゴタが点在するのんびりとした雰囲気が、雨のせいで一部しか楽しむことができなかったのが残念だった。天気が良ければ気持ちの良いサイクリング日和になっただろう。1か月の滞在なのでここだけに長居するわけにもいかなかった。気分は、次行こう、次!である。

f:id:pelmeni:20210307144409j:plainf:id:pelmeni:20210307145015j:plainf:id:pelmeni:20210307144743j:plain美しい平面f:id:pelmeni:20210307145242j:plainf:id:pelmeni:20210307145740j:plainf:id:pelmeni:20210307150057j:plainf:id:pelmeni:20210307150258j:plainf:id:pelmeni:20210307150731j:plain

最後は雨脚が強くなって散々な目にあった

 

ニャウンウーからマンダレーまでの移動はマイクロバスに詰め込まれて8時間。到着間際に久し振りに太陽を見た。最初の日だけ良さ気なホテルに泊まったのは、湿った服等、特に靴を乾かしたかったからだった。くるぶしまである人工皮革のトレッキングシューズは内部が全く乾かず気持ち悪い。部屋のエアコンの前にぶら下げ強制乾燥しなければカビでも生えてきそうな感じだった。

 

f:id:pelmeni:20210308152300j:plain濃い朝霧に包まれる日が多かった

f:id:pelmeni:20210308152714j:plain

マンダレーも久し振りの晴天らしく、多くの人がイラワジ川に洗濯をしに出ていた

f:id:pelmeni:20210308152956j:plain


f:id:pelmeni:20210308153305j:plain

 マンダレーは古い王朝の都。日本でいえば京都に相当するのかな。マンダレーヒルと王宮。町中には僧院やパゴダが多い。中心を離れるとすぐに長閑な住宅地になる。

f:id:pelmeni:20210308153911j:plainf:id:pelmeni:20210308154053j:plainf:id:pelmeni:20210308154235j:plain

以上3枚を頭の中で合成してください。パノラマ写真になります、多分。19世紀に造られた王宮。

f:id:pelmeni:20210308155111j:plain

マンダレーヒルで沈む夕日を眺めていたら一人の僧侶に話しかけられた。先日までカメラマンとして働いていたそうで、流暢な日本語だった。日本語はここで教えてもらったというが、発音も語彙もこれまた教えてもらったというレベルではない。カルカッタに続き不思議な感覚で話をしていた。見掛けは… もしかしたら日本人だったのかな。

東南アジアの仏教は日本などとは違う種類のもので、「信じる者は救われる」ではなく、救われるためには自ら功徳を積まなければならない。ゆえに男性は一生のうち一度は出家するそうだ。ただ仏門に入るといっても一定期間のちに還俗する。彼ものちに社会に戻ったのだろうか。初めはわからなかったがそうと知ったのは町外れにある僧院を訪れた時のこと。そこで話をした若い僧侶たちは見掛け以外はごく普通の雰囲気で、サッカーなど詳しい。当時活躍していた日本人選手、中田英寿のことまで知っていた。一時出家の習慣の事も話の中に出てきた。日本とは違った形で仏教が生活に関わっているものだと納得した。

 

f:id:pelmeni:20210321035511j:plainf:id:pelmeni:20210321035535j:plainf:id:pelmeni:20210321035546j:plain

シュウェインピン僧院にて

f:id:pelmeni:20210321035616j:plain普通の町中だが熱帯は樹木の育ち方が全く違う。

f:id:pelmeni:20210321035627j:plain


 

f:id:pelmeni:20210316220452j:plain

ミャンマースタイルのストリートカフェ

f:id:pelmeni:20210316220858j:plainf:id:pelmeni:20210316220523j:plain

市場の周囲はどこでも人で溢れる

 

 

 

ピンウールウィンは大英帝国時代の避暑地で当時の建物が幾つか残っている。この町を訪れた理由はポール・セルーの『鉄道大バザール』という旅行記に載っていたからだった。マンダレーから近いので寄ってみた。

f:id:pelmeni:20210321040024j:plain

旅行記に出てくるカンダクレイグ 現在はホテル

f:id:pelmeni:20210321040435j:plain

町中にて。タコ焼きを期待したが甘いスイーツだった!

 

ところで、後年タジキスタンで出会った日本人旅行者と話をしていてこの町の話になったことがある。彼女がミャンマー旅行時にピンウールウィンに寄ったのは、祖父が太平洋戦争従軍時にこの町に滞在したからだという(ここには日本軍の司令部があった)。そういえば以前ブダペストで会った旅行者がシベリア鉄道乗車中にバイカル湖畔の町で降りたのも、彼女の祖父が終戦時に抑留された場所を自分でも一目見たかったからだった。意外とそういう話はあるようだ。僕の場合で言えばニューギニアか。僕の祖父はニューギニアで交戦中に脚を撃たれ野戦病院で治療していたおかげでその後の激しい戦闘から逃れられたらしい。戦争のことはほとんど話さなかったので詳しいことはわからない。僕にはニューギニアを訪れるという発想は無かった。

ある時祖父は箱一杯の鉄道の硬券を僕にくれた。その多くは寝台券だった。昔はいちいち切符の回収をしなかったのでいつの間にか貯まったらしい。戦後は化粧品会社の経理や営業職にあり、北海道から九州まで各地の販売店へ頻繁に足を運んだ。見たことのない地名や記号が刻まれた硬券は何も知らない小学生の想像力をかき立てるには十分過ぎるおみやげだった。

でもそのおかげで孫が旅行好きになった… という簡単な話ではない。なにしろ僕は日本国内では寝台も夜行列車も乗ったことがない(正確には一度だけ)。北海道にも九州にも足を踏み入れたことがない。それだけからすれば単なる出不精な人間としかみられないだろう。ところが、初めて乗った夜行列車にそれも海外で魅了されてしまった。

薄暗い照明の下でうつらうつらしたり、冷たい窓に顔を近づけ真っ暗な夜景に眼を凝らしていると、ふと、何十年も前に場所は全く違えど祖父も同じ様な状況で同じような感覚を覚えていたのかもしれないと思うことがあり、異国の夜空の下でも寂しさや心細さからは一時的にも気持ちが離れた。特に旅を始めた頃は、そんな事が時々あったと記憶している。

祖父が必ずしも好き好んで夜汽車に乗っていたわけではない。その時代には他に手段が無かったからだ。でも僕は海外に行くたびに至るところで好き好んで乗っている。昔もらった切符のことを思い出すことは少なくなっていたが、その存在が無意識のうちに僕の個人的な好みに影響を与えたと考えることは、まず妥当なことだろう。見慣れない紙片を片手に子供ながらにあれこれ考えたことが結果的に、将来の僕の地に足の付かない生活に繋がったのであれば -----もちろんそれがすべてとは思わないが----- うちの爺さんも罪なことをしたもんだなあと、思い出す度に何だか妙な形のつながりを感じるのだった。

つながりといえば、祖父は軍隊では上官からは可愛がられたものの生意気だったのでよく殴られたらしい。僕も小学生の頃は口が達者で生意気だったので教師によくぶたれたが、実際のところは贔屓にされた方だ。そんな人間はうちの親族には他にいない。これは余談です。

 

 

’05旅回想 その23 ヤンゴンに来ました

ミャンマー1 ヤンゴン Dec. 2005 

ヤンゴン→ニャウンウー

 

 

物心ついてから僕が初めて接した外国人は実はビルマ人だ。

僕の通っていた小学校の近くにビルマ大使館があった。近所の人はそう呼んでいたが正しくは大使館員の官舎だ。色の浅黒い子供達が敷地内や近くの道路で遊んでいるのを時々みかけ、当時の僕はビルマを黒人の国だと勘違いしていた。まったく馬鹿な小学生を許して欲しい。その彼らがある年以降普通の公立小学校に入学転校してきた。僕らの2つか3つ下の学年からだったので同じ教室で学んではいないが、計10人位はいたのかな、校内でも時々見かけるようになった。僕は中学の途中で引っ越したので、その後は知らない。彼らは国に帰ったのだろう。ビルマは政変でミャンマーとなり、安定しない状況が今でも続いている。-----2010年頃、ふと思い立ってその場所を訪れてみた。以前と変わらず樹木に囲まれた庇の深いコンクリートの建物があった。敷地には明らかに人の手が入っていて、静かにしていると女性が話すような声が僅かに聞こえた。ただ外に向かってミャンマーを示す表示や痕跡は何もなかったので、建物等の所有者が誰なのかはわからなかった。表札も何も無いことがかえって想像力をかきたてる。僕の目の前の光景は長い時を一気に巻き戻された。

 

 

ヤンゴンに来ました。上記はミャンマーに行くことを決めた段階で、懐かしく思い出したこと。でも実際街の通りを歩いていても、当然だが大人になった当時の子供たちに会えるはずもない。顔も名前も憶えていない。ただ、もしかしたらどこかですれ違っているかもしれないとその可能性を想う度に、僅かに胸が騒ぐのだった。それはヤンゴンに限らず他の町でも、気が付けば人々の中に誰でもない誰かを探している様な気分になっている自分がいた。見ようとしているものと見えているものが違うような。ミャンマーの旅を通してそんなふわっとした気分になることが時々あった。

  

f:id:pelmeni:20210223014409j:plainf:id:pelmeni:20210223014557j:plainf:id:pelmeni:20210223014719j:plainf:id:pelmeni:20210223014930j:plain

カルカッタに続きこの街も元大英帝国領。それらしき特徴の有る建物が多く顔を上げ続けるので首が疲れる。おまけに暑い。必然的にコーラ中毒者はコカ・コーラを探し求めるのだが、当時この国でコカ・コーラ社は製造販売をしていなかった。地元産で一段味の劣る瓶入りスターコーラやクエンチしか… まあ、それはそれで良いのだが。缶入の可口可乐や雪碧を中国からの輸入品として扱っている店をようやく一軒見つけた。瓶入より値段は高いが内容量も多いので自分を納得させる。

f:id:pelmeni:20210228042832j:plain
f:id:pelmeni:20210223025024j:plainf:id:pelmeni:20210307041944j:plain大通りから入る細い横道は緑多くとても静かな場所

f:id:pelmeni:20210223015241j:plainf:id:pelmeni:20210223015258j:plain路上にも店がひろがる

 

旅行前はこの国にはインターネットが来ていないと聞いていたのである意味楽しみだったが、実際行ってみるとヤンゴンマンダレーではかろうじて触れることができた。まあ無いよりはマシといった程度のものだったが、 動かない画面をじっと待つのもそれはそれでミャンマーらしいとも思った。昔インドで激遅の回線に怒りをぶちまけた頃と比べれば自分も大人になったものだ。でも日本も黎明期は同じようなものだった。そんな新しいサービスがあるだけで夢中になっていたのも今は昔の話。

また、当時既に話題になっていたが、通りを走っているバスのほとんどが日本の中古車で驚いた。外観の塗装は基本的にそのままで文字のみ消されているのだが、何故か知っているものばかりだった。右側通行なので出入口が少し強引に増設されている。ここでも第2の人生はタフでハードなのだ。当時の日記によれば、一番多く見かけたのが断トツで神奈川中央交通、次いで(知らない緑のラインの車体)、阪急、千葉中央。ほかにも都バス、京都市、京王、京成、などなど。

f:id:pelmeni:20210225053408j:plain一番多かった神奈中バス

f:id:pelmeni:20210225053427j:plainこれは阪急バス

f:id:pelmeni:20210225053443j:plain珍しく文字が残っていた立川バス


 

ダッカの空港で待ち時間にガイドブックを貸したスイス人&ドイツ人のカップルと同じ宿へ行くことになった。ホワイトハウスという思わせぶりな名前の宿は、安宿の中では外国人に人気だった。ここは面白い造りをしていた。普通の6階建くらいの建物の屋上に3層ほど軽量な構造で建て増しされ、外国人が泊まりたがる安いが簡素で暑い部屋があった。確かにこんな安普請の部屋は東南アジアならではのものだろう。ちなみにシングルで6米ドル。下階には普通の部屋があるのに何故かひと気がなかった。そもそもの屋上階は半屋外の食堂と厨房になっていて、ビュッフェ形式の朝食は取り放題なので、朝から腹一杯、幸せな気分で毎日が始まった。ミャンマーでは他の町でも屋上に食堂がある宿に幾つか泊まったが、どこも気持ち良く、熱帯の明るく生暖かい空気の中では屋内で朝食をとる理由など考えられない。果物が食事やおやつの替わりなんて、南米を思い出した。

 

f:id:pelmeni:20210223020242j:plain
よく見たらヤバイな 

f:id:pelmeni:20210223020817j:plain

------ちょっと失礼、 -----ん、邪魔するにゃよ

地上数十mの食堂階に住み着く猫 東南アジアには顔の細い猫が多い

f:id:pelmeni:20210223020537j:plain

上階テラスから このアングルが好き

 

ヤンゴンで一番大きなシュウェダゴンパゴダへ行く。観光客も見かけるが、地元の人と思しき人々に愛されている場所だと感じた。皆自由にリラックスしている。東南アジアではテンプルやパゴダは日常生活の一部に程良く溶け込んでいる。ミャンマーではパゴダは釈迦の家なので裸足になる。屋外なので多少汚れるが石張りの床がひんやりとして気持ちがよかった。

f:id:pelmeni:20210225043610j:plainf:id:pelmeni:20210225044520j:plain大きな黄金のストゥーパを中心に無数の仏塔や廟、通路がぐるっと取り囲む平面配置

f:id:pelmeni:20210225045845j:plainf:id:pelmeni:20210225050207j:plainf:id:pelmeni:20210225044808j:plain通路幅一杯に横一列になって進みながら掃き清める f:id:pelmeni:20210225051148j:plainf:id:pelmeni:20210225051156j:plainf:id:pelmeni:20210225045910j:plainf:id:pelmeni:20210225045153j:plain

世界中の至る所で金ピカは求められ愛されている。それを横目にわびやさびを理解する能力なんて特殊なものだとつくづく実感した。

 

 

次の目的地バガンへ行くために長距離バスターミナルに来た。チケットを買い乗る車を教えてもらったところで目を疑った。街中を走っているのと同じ神奈中の乗合バスが停まっていた。今日は夜行なんだよ、これで一晩過ごすのか… と心配になったが、車内の座席は古いがしっかりとした物に換装されていていた。でも乗心地が良いとは思えない。先が思いやられる。

この日は体調が良くなく頭痛がしたので出発前にバファリンを飲んだのだが、これは逆に良かったようだ。というのもそのバファリンはエジプトのカイロで購入したもので、日本のものと違って飲むとかなり眠くなる代物。そのせいか思っていたよりもぐっすり長く眠れた。途中で眼が覚めてもあまり時間を空けずに再び眠りに陥ることができた。翌朝はごく普通の体調でニャウンウーに着いた。でも朝4時半は早過ぎる。

 

 

 

’05旅回想 その22 インドその2、バングラデシュ少し

インド2、バングラデシュ Dec. 2005

カルカッタ(現コルカタ)←→ダージリン、→ダッカ

 

 

 

f:id:pelmeni:20210205153341j:plain

 

ダージリン方面へはもう一つのターミナル、シアルダー駅より列車が出ている。機能的な駅だがハウラー駅のような趣きは無い。こちらには床に寝ている人が多数いた。今回も夜行列車、僕のインド旅では定番のスリーパークラス。長大な客車の編成を牽いているせいか出発後なかなかスピードが上がらないのはいつものことだ。街を抜けるまでは窓を開けない方が良いね・笑。

近くの席のバングラデシュ人の家族と知り合い、親父が最近手相に凝っているのでみてくれるという。嫌な予感がしたが、無下に断るわけにもいかない…、というか僕の場合今まで何を見ても大抵同じような事を言われる。この時もやはり予想通りになった。彼曰く、仕事は変わる、結婚は先になる。それらはもう何度いわれたことか。さらに、性格は難しい、が加わるが多分黙っていてくれたのだろう。そもそも日本とインドで手相占いの基準は同じなのか? でも笑うしかない、ホントそれ以外言われたことないですから!

 

翌朝の列車の到着は1時間半遅れた。それはまずい。なぜなら下車駅ニュージャルパイグリ・ジャンクション(NJP)からダージリン迄は楽しみにしていたトイトレインに乗り継ぐつもりでいたからだった。接続時間に元々余裕はなかった。まあカルカッタからの乗り換え客の利便などはそもそも考えていないのだろう。列車が遅れるかどうかは神のみぞ知ること。「ありがとう」同様に「便宜を図る」という言葉もヒンズー語には存在しないのかもしれない。

既に無人のプラットフォームを呆然と眺め、1日待つわけにもいかないので車で行くことにすぐに決める。ダージリン迄の乗合ジープ(4WD車)は近くのシリグリという町から出るので駅からオートリキシャーで移動。チャイで一休みしたのち出発。こちらは地元民の足なので客が集まり次第すぐ出発、山道を3時間半。断然速い。

 

f:id:pelmeni:20210205194605j:plainf:id:pelmeni:20210205194956j:plain

 

ダージリンは山の尾根を中心に広がる町。インドらしく小さな建物が無秩序にパラパラ散らばるので町の姿は遠目にはあまりきれいに見えない。 山の町というだけのことはあり眺めはとても良く、見下ろす斜面の紅茶畑の先に青い山々が遠くまで続く。

イギリス領時代の避暑地や紅茶など清々しいと迄はいかなくとも何かポジティブな印象が持たれがちなダージリンであるが、他のヒマラヤ地方の町と変わらずきわめてヒンドゥ的な町だった。美的な秩序はあまり見受けられず、ヒトもモノも過密な集積感がかなりのものだ。イギリス時代のコロニアルな建物は少しは点在しているが、土地のほとんどが斜面のため階段状に建物がびっしり埋め込まれた町の光景は、別の意味で印象的かもしれない。ただ外国人目当てのしつこい客引き等の姿は無く、人々の穏やかな雰囲気に多少は心休まる。

 

鉄道駅前で車を降りると空気がひんやりと冷たかった。高地なのでわかってはいたが寒さは予想以上で、そのせいか困ったことに鼻水とくしゃみの連発が止まらなくなってしまった。カルカッタでは半袖Tシャツ1枚でいられたので気温は多分30度弱くらいだった。そこを一晩で一気に20度位の気温差(降下)に体が対応できなかったのだろう。というか、考えてみたらこの半年もの間ずーっと夏だったようなものだ。体も驚くはずだ。発熱まではいかなかったが体はなんとなくだるかった。更に奥に位置するガントクやカリンポンまで足を延ばしたくてシッキムの入域許可証もとったのだが、迷った末行くのは諦めダージリンに少し留まることにした。もう出国日が近づいていたので無理をして体調を崩したくなかったこともある。結局のところ滞在中ずっと症状は良くならなかった。気温差だけでなく花粉だか煤煙だかに鼻の粘膜が反応したのかもしれない。その後山を降りたら何事も無かったかのように症状は消えた。澄んだダージリンよりも汚れたカルカッタの空気の方が僕の体には合っているということなのだろう。

ダージリンは特別目玉となるような観光場所があるわけでもなく、ゆっくり滞在して独特な山の町の雰囲気を味わう所のように思えてきた(ただのんびりするは寒いし人も多い)。1つの町を肌で感じるにはある程度のまとまった時間が要る。町自体は狭いのですぐに行き尽くしたが、同じことの繰り返しもたまには良いものだ。毎日適当にほっつき歩いた後3時過ぎには町中に戻り、グレナリーズという古くからある店でポット一杯のダージリンティーを飲み読書をするのだ。僕はコーヒー党だがここでは紅茶を飲み続けた。実は何を隠そう雰囲気に呑まれるタチである。食事はチベット料理のモモやトゥクパが美味しく、久々の脱マサラも悪くなかった。レストラン、食堂、屋台、申し分なし。そうそう、ここでは納豆が食べられている。日本の物ほど糸はひかないが大豆を発酵させている。とある日本人旅行者が料理の付け合わせに出てきたソレを豆の腐った奴かと思って味わわなかったらしい。いや、間違ってはいないんだけどな。

泊まっていた宿は日本人女性が嫁いだ宿だった。ダージリンが好きで何度も訪れるうちに知り合ったらしい。父親が経営しているホテルは表通りに面していて、息子(彼女の夫)が任されているのはすぐ裏に隣接した小さな分館のような宿。そのホテルの宿泊客の運転手が泊まるような宿よ、と教えてくれた。とはいっても若いインド人旅行者も普通に宿泊している安宿だった。話によればその一家の宗教はヒンズーではなくゾロアスター教で、よくあるインド人家庭とは少し違うらしい。彼女の服装も日本にいる日本人と変わりはなかったうえに、タマという名の子猫を飼っていた。その時もっと色々聞いておけば良かったと今では思う。町の夜は早く部屋に戻っても寒いだけで相変わらず鼻水とくしゃみが止まらないので、小さなロビーに下りストーブを囲んで他の旅行者と話をした。

 

f:id:pelmeni:20210205203507j:plainf:id:pelmeni:20210205203735j:plainf:id:pelmeni:20210205204143j:plainf:id:pelmeni:20210205205152j:plainf:id:pelmeni:20210206022304j:plain

カンチェンジュンガ(世界第3位の標高)は町中から眺めることができる。町並みの猥雑さと峰々の神々しさが同居しているところなどインドらしい。

 

f:id:pelmeni:20210218034825j:plain町外れの動物園には猛獣が多く、見ているうちに気分が次第にエキサイトしてきた。レッサーパンダはここヒマラヤ辺りに多く生息している。地元でお馴染みの動物ってところ。


 

f:id:pelmeni:20210205205756j:plainf:id:pelmeni:20210205213126j:plain

ダージリンヒマラヤ鉄道は、NJPからダージリンまで通しの列車はディーゼル機関車が牽引しているが、部分運行にはこの蒸気機関車がまだ使われていたようだ。一つ手前の駅のある町グームまで1時間半の道のりを歩いてみた。途中バタシアループという眺めの良いヘアピンカーブで下から上がってくる列車にすれ違った。以前NHK教育テレビで見たテンジン・ノルゲイ(ヒラリー卿と共に初めてエベレスト登頂に成功したダージリン出身のシェルパ)の特集番組内ではこの場所は裸地だったが、公園としてきれいに整備され入園に5ルピーもとりやがった。通過する列車を動画に収めるためには入るしかないのだが…。

f:id:pelmeni:20210218040027j:plainカンチェンジュンガも見納め

 

カルカッタに戻りサトシに会いに行った。サトシとは安宿街の一角の路上に土産物の店を開いていて日本語を流暢に操るベンガル人だ。ダージリンに発つ前は会えなかった。「西宮のおっちゃんに教えてもろたんや」「日本人と話しているから忘れない」としか答えないが、どうみても日本の生活で覚えたレベルの会話を普通にする。実は英語が話せない(本人談)というのもそう思わせる理由だ。僕が初めて訪れた6年前、この界隈には日本人旅行者の姿が常にあり、彼の周りには誰かしら入れ代わり立ち代わり現れ話し相手になっていた。ところが今回彼が言うには、徐々に接し方が変わってきて、最近は日本語を話す変なインド人と見られることもあるらしく、敬遠され気味らしい。あまり物も買ってくれないとのこと。旅先で贅沢をしてこそ楽しい、という正論も彼は口にした。ただ正直に言えなかったが、土産物といってもそれほど欲しいと思わせるものが置いてないのだ。『深夜特急』や 『旅行人』に感化された多くの若者が訪れ、インドに来れば何でも目新しく面白かった時代は終わり、今ほどではないが既にインターネットで情報が入手できる時代になっていた。「商売あがったりや」と彼は言うので、別れ際に絵葉書を5枚だけ買った。買わされた、というべきか、商売上手なベンガル人に。

 

カルカッタの国際空港は以前は地名からダムダム空港と呼ばれていた。シャーロキアンならこの名前にピンとくるでしょう。「空き家の冒険」でモラン大佐が使用していた特殊な弾丸がダムダム弾。イギリス統治時代にインド人の反乱の制圧のためにコルカタ郊外のダムダム地区にあった工廠で作られた物だそうです。

地下鉄とタクシーを乗り継いでたどり着くと 、ロータリーがきちんと整備されていた。ああ、ここでも以前の記憶と重ね合わせてしまう。---入国手続きを終え建物から出て、およそ国際空港の正面とは思えない何もない荒地を横切り少し離れた所にある道路へ出る。言われなければバスとは認識できない4輪の付いた継ぎ接ぎの箱に乗り込む。西日に炙り出された道路沿いの光景を見続けた時の得も言われぬ感情。---それが僕のインドの本当にファーストなインプレッション。もう死ぬまで忘れられない印象といえば大袈裟かもしれないが、多くの旅の記憶がいずれ忘れゆく中これは残り続ける、多分。でも、もう無いんだよなあ、気になってしょうがなかったあれらの光景はすべて。6年も経てば当然といえども肯定し難い気分に少し落ち込む。過去を過去として認めぬうちには来るべきではなかったのかもしれない。あらゆることを較べてしまい余計なことばかりに気を取られて頭が変になりそうで、正直言ってこの時は楽しめなかった。でも時が経てばそれらはすべて含めて懐かしい思い出に収束するのだろう。感情の振れ幅が大きかった記憶ほど時間を掛けて確かなものとして自分の一部に取り込まれてゆくはずだ。

 

 

ダッカの空港では乗継便が翌日となるので指定のホテルで一泊することを言い渡された。パスポートを職員に預け宿泊ホテルへ行く小さなバスに誘導される。空港建物から出ると鉄柵にしがみ付く人々の群れ。なんじゃこりゃ、近年流行のゾンビフィルムみたい。

 

f:id:pelmeni:20210214155848j:plainf:id:pelmeni:20210214160118j:plainf:id:pelmeni:20210214160345j:plainf:id:pelmeni:20210214160557j:plain

バスの中から眺める通りはサイクルリキシャーで溢れチャリチャリ騒がしい。風鈴のようだと無理に思い込めば風流の欠片くらいは感じられたかもしれない。その数は車より確実に多い。噂の「日本っぽい文字」の描かれた車を発見。当時は日本の中古車がステイタスだった模様。

 

ダッカの街中のどこかにあるホテルで降ろされ翌日の集合時間を言い渡された。結局昼食にありつけたのは午後4時半。部屋を宛てがわれ食事も出されるので後はもう何もすることはないのだが、じっとしていても手持ち無沙汰だ。陽は傾いているがまだ暗くはなっていない。僕の部屋は表通りに面していたので外を眺めていると、同じ便に乗っていたドイツ人が建物の入口を出たり入ったり様子を伺っているのがわかった。すぐに行動に移す決心がつかないのだろう。僕も下に降りたくなってきたところだったので、考えていることは皆同じなんだなと思った。入国手続きをしていないうえにパスポートも預けて手元には無いので、我々は正式にはホテルから外に出ることはできないのだが、多くの人で賑わう街を目前にしてじっと留まるなんて無理な話。ちょっとだけなら出歩いても構わないだろう、なんて考えてしまうのは旅行者の性だ。ロビーには外国人旅行者が何人かウロウロしていた。ホテルの受付も何も言わないのだからいい加減なものである。

素知らぬ顔でふらっと建物から出る。にやけるのはその後だ。印となる商店等を目にとめながら、わかりやすい大通りを高架下の魚市場まで歩くと、珍しい人間がやってきたと歓迎される。以前に訪れた人から聞いた話だが、ダッカでは外国人の周りには直ぐに人が集まってきて放っておいてくれないとのこと、こんな短時間でもその片鱗をうかがわせるものだった。陽が落ちて暗くなったので戻ったが、その間1時間強と少しだけ。今の時代GPSスマホがあれば幾らでも歩けるが、その代わり、道を迷うわけにはいかないというあのちょっとしたスリルを感じることはないだろう。

ホテルに戻り簡素なフィッシュカレーの夕食を済ませ、若い従業員と話をして激甘スイーツ(イスラムの常)を貰った。その後彼は部屋までやってきて僕に職を紹介してほしいと言う。どういう形でもよいから日本に行って働きたいので連絡口になってくれとせがむのだ。おそらくこれまで話し相手の外国人旅行者みんなに同じようなことを言っているのだろう。当時の日記帳に彼の名前や連絡先が残っている。顔は忘れてしまったが元気にしているだろうか。

 

f:id:pelmeni:20210214161410j:plainf:id:pelmeni:20210214161011j:plainスイーツショップf:id:pelmeni:20210214193646j:plainf:id:pelmeni:20210214193811j:plain

 ギョッ

 


***My Secret Walking in Dakka***

 

 

 

’05旅回想 その21 インド再び

インド1 Nov.-Dec. 2005

カイロ→アブダビ空港→ニューデリー→カジュラホー→カルカッタ(現コルカタ

 

この旅はエジプトへ行くことまでは決めていたが、その先は成り行き任せとしていた。金が尽きれば帰ってくればよい。幸いもう少しだけ続けられそうなので、次の行先をエジプト滞在中考えていた。アフリカを南下するつもりはないからアジアかな…、そうだ、ミャンマーがある。この2年前の夏ブダペストの宿で1か月以上もだらだらと過ごした仲のイシイ君がミャンマーに前年行ったことを思い出しメールを送ってみた。すると彼はなんと引き続き旅行中で南米にいるという。ミャンマービザはカルカッタの領事館で簡単に取れることを教えてもらい、次の行先はインドに決まった。インド大使館のビザセクションは宿の近くタラアトハルブ通りのビルにあったので速攻でゲット。カルカッタ行きのフライトは良いものがなかったので、ニューデリー迄のチケットを安い旅行代理店探し回った。

 

f:id:pelmeni:20210203075650j:plainf:id:pelmeni:20210203075704j:plain

ガルフエアの機内食こんな写真を載せるなんて、まるで旅行ブログみたい!(笑)

実はこのフライトは食事攻めだった。まずカイロの空港で出発が遅れたのでリフレッシュメントの軽食、次がこの機内食、夜中にアブダビで乗り換え、新機搭乗早々の食事、オマーンのマスカット(近所)に立ち寄った後また食事…、みんな食べ終わっていないのにCAが片付けに来て少し混乱していた。僕も最後は食べきれなかった。そんなこんなで眠ることなくニューデリーへ。

f:id:pelmeni:20210203075714j:plainf:id:pelmeni:20210203075722j:plain

途中乗り換えのアブダビ国際空港ターミナル。イースターエッグみたいというか不思議なインテリアが楽しい。カイロの出発が遅れたため乗り換え時間が数十分しか残ってなく、さっと歩く程度しかできなかった。ぜひとももう一度利用してみたい空港の一つ。

 

リシュケシュへ行く旅行者とニューデリーまで来て、二日ほど滞在しここで別れた。メインバザールやコンノートサークルには一通り訪れたが、必要物資の買出につきあったり、ニューデリー駅上階の外国人用列車予約窓口で時間を喰ったりで、あっという間だった。僕は一度訪れているので、以前と比べてもあまり変わっていないなというのが感想だった。パリカバザール、マクドナルド・ファミリーレストラン、本屋、etc…、かつて好きで通ったシェイク屋が同じ場所で営業していたのも嬉しかった(2012年も健在!)。何の変哲もない普通の定食でも、到着して日が浅いと何でも美味しく感じられる。インドでマサラを毎日口にしていると、体が次第に浄化されて健康になっていくような気分になる。何度もインドを訪れているが実際のところいつも体調はすこぶる良い。 

 

f:id:pelmeni:20210203185706j:plain

f:id:pelmeni:20210203183850j:plainf:id:pelmeni:20210203184051j:plainチャパティ焼きおじさん。美味しかったです。f:id:pelmeni:20210203183317j:plainインドに来たら何はともあれコレが無ければ始まらない! ♪ レモンライムの青い風~はキリンレモンではなくリムカ !!

 

一つだけ違っていたことといえば、メインバザール界隈で一番安く泊まることができる故に世界中から多彩なバジェットトラベラーが集まっていた(またそれ故に環境は悪い)ホテル・ナヴランが、ほぼアジア人宿?っぽくなっていたことだ。僕は前回泊まってみたが、あまりに暗くて湿った独房のような部屋のせいで3泊で逃げ出した(それでも3泊笑)。1階の食堂に和食メニューが並んでいるのをみて同行者とこれは何だと話しながら先客とチャイを飲んでいたら、後からやってきた日本人カップルと目が合い、微妙な空気がその時流れた。

 ……何処かで会っているはずだけど思い出せない…… 

お互い大方そんな処だったのだろう。でも先に思い出したのは彼等の方だった。

 -----死海、行きましたよね
 -----あ、あの時の!

ヨルダンのアンマンに滞在中5人で車をチャーターして死海に行ったのだが、その時のメンバーだ。二人はその後北上しシリア、トルコ、イラン、パキと経由しニューデリーまで陸路でやってきた。僕はイエメン、イスラエル、エジプトとうろつきニューデリー迄飛んできたばかり。その間2か月半。全く違うルートをたどってもこんなにピンポイントで再会するなんて、旅の偶然には時にそら恐ろしさを感じる。まるで何かに操られているかのような。

 

ニューデリーからカルカッタへ直接行くには距離があり過ぎるし何かもったいない気がしたので、途中に寄る場所を地図で探したところ、カジュラホがちょうど良さそうなので行くことに決めた。バラナシは以前訪れているので今回はパス。あすこは精神的にも色々疲れる場所という記憶がまだざっくり残っていた。10年位経ったら再訪してみたいと思った。

カジュラホへはニューデリーからジャーンシーまで鉄道で行きそこでバスに乗り換える経路をとった。早朝発の特急は以前アーグラーへ行った時にも利用した列車で、車両はそれほどキレイではなかったが上級クラスのせいか客は上品だった。朝食付きで座席毎にミネラルウォーター1本も当然付いていた。僕はいつもの習慣で大きな水のボトルをわざわざ買って持ち込んだがそんな客はいない。重くてかさばる荷物になっただけだ。こういう旅を続けていると貧乏性が染み付いて困ったものだ。

 

f:id:pelmeni:20210204151247j:plainインドではバスに乗車するだけでも何かしら混乱が起きるようにみえる @ジャンシ

f:id:pelmeni:20210205213515j:plainたぶん途中の町のバスターミナル

 

f:id:pelmeni:20210204151409j:plainf:id:pelmeni:20210204152121j:plainf:id:pelmeni:20210204160031j:plain

カジュラホのジャイナ寺院群は美しく整備された庭園の中にある。とても平和な気分。

さてさて細部に寄りましょうか。

f:id:pelmeni:20210204160955j:plainf:id:pelmeni:20210204165715j:plainf:id:pelmeni:20210204165726j:plain

これは現実の世界の描写か、それとも理想の極楽の夢想なのだろうか。

 

出発日朝にバススタンドへ行くとここにバスは来ないと言われた。いや別に禅問答をしに僕はインドに来た訳じゃない。時刻表が掲げてあっても経験上その時刻にバスが来ないことの方が多いことは承知していた。実際のところインド旅ではこの程度のことを気にしてはきりがない。何であれ代替案があれば問題とは言えないと僕は認識している。この地にはインド人にしか理解できない何か別のロジックが流れていると初めて来た頃は思った。よくインドは人を哲学者にすると言われるが、インドの市井に哲学者がいるわけではない。一見では把握できない事象を理解しようとすると、普段しない頭の使い方を要求される。それは面倒だし労力を要することだが、異文化との遭遇そのものであり旅をする本質的な目的でもあると僕は思う。ただここはちょっとハードコアな度合いが過ぎるのだ。まあ無理をしなくても旅はできる。係わり方は人それぞれに。

結局、インドの好き嫌いは、誰もが対応できるわけではないそのような世界から選ばれるか選ばれないかなのだと考えるようになった。多分選ばれている僕でも旅行中は常に愛憎相半ばする感情に苛まされる。突き放すことはしたくないが深入りするには躊躇する。程よい距離を保ち付き合うことが難しい場所だとつくづく思う。ただそれが一部の旅人にとってはインドを旅することの引力にもなっている。

 

その場にいた旅行者3人でバスが出る近くの町までオートリキシャーに相乗りすることにした。そこからパンナ乗換でサトナまで行き、鉄道に乗ることになる。他の二人は韓国人とフィンランド人。そのフィンランド人は日本人と韓国人を見分けることができるというので、試しに訊ねたところ確かに正解した。理由を聞いたが憶えていない。互いになまった英語で会話をしているところを聞けば判るのかもしれない。僕はフィン人とスウェディッシュが話していても絶対に見分けることなんてできないだろう。

駅に着き当日のハウラー行きの列車を予約しようとしたら、出発まで4時間をきっているのでもう予約はできないという。列車内で車掌から買うことになる。インドでは技術がそこそこ進んでいるのに賢く活用されていない事が多いように思えて仕方がなかった。例えば駅の窓口でもコンピュータで発券システムが組まれているのに午後6時きっかりに終了するとか訳がわからない。午後6時ジャストでコンピュータがストップしたにもかかわらずまだ窓口に並び続ける多くのインド人も訳わからない。(昔の話。今は変わった?)

 

一晩車内で過ごし定刻より30分遅れでカルカッタのハウラー駅に到着。目を疑った。なぜなら以前の記憶通りなら床に寝っ転がっていたはずの沢山の人々の姿が全く無かったからだ。これでは普通の大きな駅と違いがない。ほの暗くもいかがわしい雰囲気に満ちたハウラー駅はどこへいったのだろうか。6年前に初めてインドの鉄道駅を利用した時に受けたあのショック-----夜の駅の薄暗いホールや構内に伺い知れない理由により滞在している無数の人々の姿を目にした時の強烈な印象、自分の思考を纏めることのできない不安定な感情はまだ覚えていた。

実はこの時は何かの大掛かりな催し物が行われていて、ステージなど設けられ伝統音楽も演奏されていた。そのために何百もの人々(大袈裟かな?)は何処かに追い払われてしまったのか。おそらくは別の場所に移動していたのだろうが、行方も含め彼らの存在が気になってしまうのだった。僕のインドの印象は前の旅のカルカッタから始まっている。

国土の広さ故インドの鉄道は夜行の長距離列車も多く、大きな街の鉄道駅は夜遅くでも利用者で賑わっているのだが、床にずっと寝ている人が昼でも夜でも数多く存在していた。この人たちのすべてが列車を待っているとは思えなかった。常識的な(と自分で思っている)理解の範疇を超えた存在を受け入れるためには、自分の感性を服従させる他ない。現実は理解よりも優先する。インドではこういった感覚で旅をしていることが多かった。

 

f:id:pelmeni:20210204194216j:plainf:id:pelmeni:20210204195054j:plainf:id:pelmeni:20210204194636j:plain

散歩しましょう 昼も夜も 明るい陽の中暗い灯の下

f:id:pelmeni:20210204195925j:plainf:id:pelmeni:20210204195504j:plain


 

2度目の訪問だが、再び訪れたくなるような観光場所は特に無かったので、やることをまずやってしまう。お仕事の合間の街歩きでも十分楽しい。

ここでのミッションは前述したとおりミャンマービザを取得することだ。領事館の場所は移転していたが申請は無事に済み取得は8日後、よって計画通りにその間はダージリン方面に滞在することができそうだ。丁寧な対応に一時だが心休まったのは彼らがインド人ではなかったからだろう。帰りがけにビーマンバングラデシュ航空のオフィスに立ち寄り、ミャンマー行の航空券をその場で購入した。ルートは「カルカッタダッカ乗継 → ヤンゴン・ストップオーバー30日! → バンコク」というものである。特にダッカ乗継は翌日出発となるのでホテルで一泊、これも含めて不安と期待に溢れたフライトになりそうだ。

 

 

 

’05旅回想 その20 エジプト2

エジプト2 Nov. 2005

カイロ→スエズアレキサンドリア→カイロ、砂漠ツアー

 

さて、とりあえず言えることは砂色の乾いた光景には食傷気味ということだ。ナイル河デルタでは農業が盛んだと学校で習ったことを思い出し、そちら方面に向かうことにした。アレクサンドリアと、その前にスエズ運河を見てみたかった。スエズとポートサイードが両端の町であることを地図を見て確認し、バスでスエズへ向かった。

スエズは紅海側の端に位置する町。とりたてて何があるわけでもなく、運河がスエズ湾に繋がる港近くに公園があり、町の人と一緒に規則的に通り過ぎる貨物船をひたすら見続けた。僕がいたその日の午後遅くは、地中海からインド洋方面に抜ける船が通る時間帯だった。きっちり計ったかの様に等時間で大型船が目の前をゆっくりと通り過ぎるのが不思議でずっと見ていた。町の人も大勢眺めていたけど、飽きないのかね。んー、意外と飽きなさそう。夕陽が差すなか静かでリラックスした雰囲気が心地よかった。

 

f:id:pelmeni:20210116191451j:plainf:id:pelmeni:20210118181329j:plain何を運んでいるのだろう

f:id:pelmeni:20210118181513j:plainスエズ町中で。これは広告?大漁旗? アラビア文字は全く読めないのでわからない。

 

 

f:id:pelmeni:20210118183055j:plain

アレックスの街はゆるやかに湾曲する湾に沿ってひろがる。垢抜けた印象があるのは、非常に長く豊かな歴史を持つからだろうか。南欧に似た雰囲気も感じられる。とは言っても残念だが使うのはエジプト人なので、よくみるとあちこちが汚く綻びがある。

ここでまずはビザの延長をする必要があった。気が付けばあっという間の1か月、長旅を続けるにはペースダウンの期間はどうしても必要となる。広くて観光地が多く物価の安いエジプト、それにはうってつけの場所である。手続きは本来なら特に難しいことは無いはずだったのだが、実はここで大ポカをした。スエズで気付いたのだが、有効日の計算を一日間違えていたのだ。最終日の前日に移動としていたので繰り上がるのはまずい!。ガイドブックにはスエズからバスで3-4時間と載っていたので着いたその足で窓口に向かえばぎりぎり間に合うとふんだが、乗ったバスは予想外に6時間も掛かった。おかげでその日は既に時間外、窓口へは翌日に行く他はなかった。平然を装い恐る恐る申請をしたが、15分後には何の問題もなく延長のスタンプが押されたパスポートが返却された。新たなビザを見ると延長の開始は前日からとなっていた。ああ、ここがエジプトで本当に良かった。ついている、心からそう思った。しかしそこまで緩くてよいのかね?、罰金くらいは覚悟したけど…。窓口のおばちゃんありがとう。これでまだ1か月もエジプトに滞在できるのかと思うと自然と頬が緩んだ。

結果オーライだが胸のつっかえが取れたので気分は晴々、まずは海辺に向かった。広い空は明るく緩やかに流れる海風が心地良い。確かこの湾の中に古代の遺構が眠っているはずなのだが、静かな海を眺めても何も見えてはこない。そこでグレコ・ローマン博物館を訪れたが、改装のため暫くの間休館との貼紙があり、残念な事このうえなし。路面電車で街中を一日廻った後に前夜に続き魚料理を食べ、カイロに戻ることにした。

 

 

f:id:pelmeni:20210124050519j:plainf:id:pelmeni:20210124050753j:plainf:id:pelmeni:20210124051250j:plain

f:id:pelmeni:20210124051739j:plain

f:id:pelmeni:20210202190157j:plain

 

ゴッサムシティ に無事帰還。たった数日の不在なのに、この人いきれがもう懐かしい。

早速人の波に紛れ込み、相変わらず構ったり構われたり… 気が付くと時間だけが経っている。でも、悪くない、悪くはない。

 

f:id:pelmeni:20210124052249j:plainf:id:pelmeni:20210124052507j:plain

 

とあるモスクにて、トルコのコンヤ発祥のイスラム神秘主義スーフィズム)、メヴレヴィー教の舞踏を見る。これは観光客向けのショー(スーフィーダンス)なのだが、それでもひたすら回転運動を続ける踊りは見事。以下Wikipediaより再掲。

「スカートをはいた信者が音楽にあわせて、くるくると回転をし踊るという宗教行為(セマー)で知られる。これは祈りの手段であり、回転は宇宙の運行を表し、回転することで、神との一体を図るというものである。

f:id:pelmeni:20210124052924j:plainf:id:pelmeni:20210124053541j:plain

 次から次へと踊り手が現れ、音楽に合わせてひたすら踊り続ける。

 

 

f:id:pelmeni:20210124054335j:plainf:id:pelmeni:20210124054020j:plain

夜の散歩もまた楽しい。余計なものは夜の闇に隠れ、陰影がくっきりと浮かび上がる。大英帝国統治時代に作られた建物は見応えがある。これに気づいたのはここカイロが最初だったかもしれない。世界どこでもお見事。 

 

 

f:id:pelmeni:20210202184725j:plainf:id:pelmeni:20210202184249j:plain
カイロにはキリスト教コプト正教)の信者も数多く住んでいて、大きな教会も存在する。隣のコプト美術館はまたここも改装中。覗いたら仕事してる気配が無いが?。

 

f:id:pelmeni:20210203040244j:plain
f:id:pelmeni:20210202185724j:plain
ご存じスフィンクス正面の KFC 店内より。街中と比べて1.5倍の価格。ピザハットも併設。

 

この時は別の宿に滞在していたのだが、前にいた宿に顔を出すと数人が砂漠ツアーに行く話ができていたので仲間に入れてもらうことにした。カイロからまとまって出発というわけでなく、砂漠近くのバフレイヤオアシスまでは自分で行き現地の代理店に申し込むということだったので、他の日本人や外国人も集まった。

フレイヤオアシスから白砂漠、黒砂漠、ベドウィンの住む集落等を巡って帰ってくる一泊二日のお手軽ツアーにした。黒砂漠はゴツゴツした黒い岩の塊や丘のある砂漠。白砂漠はたぶん石灰岩が凸状に砂地から飛び出す異景。また鉱物の結晶が露出している所ではちょっとだけ砕いて頂いてきた。

宿泊は白砂漠で野営。赤く染まる夕暮れは言葉を失うほど美しく、気が付けば皆フラフラと歩きまわっていた。日が落ちれば音の無い世界。無数の煌めく星との無言の会話の時間。ツアー仲間はいるのだが口数は多くない。朝は嫌でも早起き。眠気も忘れる美しい夜明けだった。幻想的な光景の中では人は夢遊病者のように歩き回ることを知る。

 

f:id:pelmeni:20210202191136j:plainf:id:pelmeni:20210203025146j:plainf:id:pelmeni:20210203033806j:plainf:id:pelmeni:20210203032140j:plainf:id:pelmeni:20210203033253j:plainf:id:pelmeni:20210203034926j:plain

 

 

 

旅のさなかに聴いていた音楽2

何と今頃に大昔に載せた投稿の続編です。

前回は直近の旅行中に聞いた音楽についてでしたが、今回は昔を振り返ってのものばかりなので、自分で言うのも何ですがヒジョ~に懐かしいです。具体的な映像だけでなくその場の空気や雰囲気のようなものまで、色々忘れていたものごとが蘇ってくるのが不思議です。no music, no life!

 

 

●リヨン(フランス) Ace of Base - The Sign

 

学生の頃春休みにヨーロッパを1か月旅した。それが最初の海外旅。今思えばそんな寒い時期によく行ったものだが、夏休みの航空券なんて高くて買えなかったのだから仕方がない。行くだけで十分満足だった純真無垢なあの頃(笑)が懐かしい。宿泊は安宿メインで時々ユースホステル&夜行列車のよくある学生旅。当時は首都クラスの街以外ではホステルといえばYHAしかなく、YHAリヨンは街の中心から離れていたが大規模で多くの旅行者で賑わっていた。ヨーロッパのユースは日本と違い家族室や自炊用のキッチン、娯楽室はもとより酒の飲めるバーまであったりもする。館内の雑然とした雰囲気も当時の僕にとっては目新しいもので、驚きもあったが新鮮に感じた。そのバーのカウンターでコーラをチビチビ飲みながら日記をつけていた時に大音量で掛かっていたこの曲を今でも憶えてるのは、知らない曲が流れる中偶然知っているものだったからだろう。

リヨンは食通の街といわれるが、学生の身分にとってはあまり意味のない形容だった。街中にそれほど観光するところはなかった気がするが、丘の上にあるこじんまりとした旧市街の静けさと二本の川がゆったりと流れる市街地の眺めは、何となく憶えている。季節はまだ冬。街路樹の葉は殆ど落ち細い枝越しに素っぴんの街並が目に入る。色彩をあまり持たない冬のヨーロッパが好きなのは、三つ子の魂百まで、というか最初の旅で強く印象付けられたからという理由も幾分あると思う。

 

 

 ●クレルモンフェラン(フランス) Georges Brassens - Je me suis fait tout petit

 

以前は旅行の度に小さなラジオを携帯していた。これは高性能な奴で、インターネット以前の時代はSWの Radio Japan なんかも時々聞いていた。安宿の狭い部屋で手持ち無沙汰にしている時なんかラジオがあると気が紛れる。知らない言葉や音楽をBGM代わりに小さな音でかけながら一人でベッドの上で寝転んでいると、それだけでも何だか嬉しくなり小さな笑いがこみあげて来ることもあった。

フランスでは放送法により、ラジオで流すポピュラー音楽のうちフランス語による音楽の割合が40%以上と決められている。一旅行者としては流行りの英語の曲が掛かるよりは、知らなくても現地語の曲を耳にする方がはるかに旅情をそそるというものだ。それにしてもフランス(人)の自文化に対する特別なる意識の高さには、羨ましさが半分鼻持ちならぬいけ好かなさが半分といったところだ。本当は嫌じゃないけど簡単に認めたくもないね(笑)。

クレルモンフェランはとある映画の舞台となった街で、近くの山地から切り出した黒い石造りの町並みや教会が印象的だった。適当に探して入った宿の受付の無愛想な婆が、宿泊代の支払の前と後では現金な程に態度が変わったのはおかしかった。ヨーロッパなんてそんなところさ。いろいろあって日本の常識と世界のそれはイコールではないと二十歳そこそこで知り得たことはその後の人生において有益だったと思う。多分。 

何を聞いていたかなんて憶えていないが、何事にも一筋縄ではいかないフランスらしいこの曲を選んでおきます。

 

 

●渋谷(日本) 宇多田ヒカル - Automatic

 

’98年暮れのこと。タワーレコード渋谷店のレコメンドコーナーに変わった名前の若い女性のCDがあった。聞いてみるとそこらの若い歌手とは一味違った味のあるボーカルだけどまだ十代?と驚いた記憶がある。彼女こそが宇多田ヒカル。僕が99年新年早々に旅に出てから程なくして注目され始めたようで、藤圭子の娘という事が知られ話題は更に沸騰(したらしい)、半年後に帰国したら超ブレイクしていたのには驚いた。そのあたりの経緯をリアルタイムで知らないのが残念だった。え、あん時の女の子が?って感じで、また世紀末にすごい奴があらわれたと思ったものだ。当時の人気もすごかったが、現在のマイペースな雰囲気もいいですね。デビュー以来ほとんど変わらないこの声が好きです。

 

 

バンコク(タイ) Beck - Lord only Knows

 

’99年の旅の始まりはバンコクから。有名なカオサンロード一帯も当時は本当に外国人旅行者のためだけの町といった感があった。通りに面した宿の一階はバーや食堂になっていて、大音量でかかるハリウッド映画を観ながら酔っぱらった白人たちが「ワオーッ」とか「イェーイッ」、「ファーーッ◎!」と何時も盛り上がっていた。そんな騒ぎを横目で何だかなあと思いながら僕は少し離れた川沿いの通りにある宿に泊まっていた。とはいってもあらゆるものが安価に調達でき便利な場所には変わりはないので、準備のためにいろいろなものを買いそろえたり食事や暇つぶしに足を運んだ。小物は露店のハシゴにて買い集める。絞り染めのような柄の通称カオサンパンツを室内着用に選び、冗談のつもりで記念の(偽)国際学生証、立ち食いでパッタイをかけ込み、最後の日に Beck の Odelay というアルバムのミュージックテープを買った。当時の日記によると1本55バーツ(約176円)。ベックは好きだったがCDを買うほどでもなく、この際なので選んでみた。音楽は良かったが、テープの音質は酷い!の一言。明らかに素人のダビングだろうと判って買っていたし値段からすれば文句は言えないのだが…。ちなみにそのアルバムCDを近所のBOOKOFFにて100円で購入したのは20年後、つまり去年の事です。久々に聞いたけど良いものは良い。

 

 

ウズベキスタン Адреналин - Ковыляй потихонечку

 

アドレナリンはロシアのロックバンド。これは99年に旅したウズベキスタンで流行っていた曲、所々で耳にするので名前を知りたくなった。その前のインドで何度か会った日本人旅行者にブハラで再会し、城塞近くの公園にあるチャイハナで情報交換をしていたところ、流れていたラジオでちょうど掛かったので店員に尋ねてみた。初め言葉が通じなかったが、確かムージカと言ったところでわかってもらえた。以前どこかで書いたが、その甘く切なくて何となく安っぽいメロディの多いロシアンポップスに気を取られ始めたのは、この時が最初だったと思う。

その後タシケントに戻り街中にあるアライ・バザールでミュージックテープを探して購入した。アライ・バザールへ行ったのは情報では此処の両替レートが市内で一番良かったから。当時、闇レート(市中)は公定レート(銀行)の3倍で、USドルでなく現地通貨ソムで支払いを続ける限り旅行者にとっては激安の国だった。イランから中央アジアにかけて、あの辺りは皆そんな感じだった。

ところで以前所有していた多くのカセットテープはもう聞かなくなったので2本を残して既に処分してしまった。そのうちの一本はこれ、もう一本は大学の入学式後にもらった校歌や応援歌等が入ったもの。どちらも思い入れがあるから……、というわけではなく、たまたまのことだ。その証拠にもう長い間聴いていない。あれは何処に仕舞ってあるのかな。

 

 

●アマゾン河(ブラジル) Companhia Do Calypso - Impossivel Te Amar 

 

カリプソってトリニダードトバゴ発祥のラテン音楽と知っていたが、このバンドを見たときには驚いた。アマゾン河をベレンからマナウスまでフェリーで遡上していた時のことだが、甲板のバーで流れていたのがこのバンドや Banda Calypso という当時ブラジルの北部地域で人気の音楽だった。カリプソという名がついているが一般に知られているものとは大分雰囲気が違っていて、その辺りの所以はわからない。毎日同じDVDばかり繰り返しかけていたので頭から離れなくなり、サンパウロに戻った後に街中の露店でバンドの安いVCDを買ってみた。今でも思い出したかのようにパソコンで見ることはあるが、倖田來未なんて目じゃないね、こりゃ。見る度聴く度に「アマゾネス」という言葉が頭にちらつく。正にその名にふさわしい。

 

 

サンパウロ(ブラジル) Nana Caymmi - Segue o Teu Destino

 

南米旅が終わりサンパウロの空港から飛行機で日本に帰ることになった。コインが結構余っていたので処理すべく空港内の土産物店に置いてあった音楽CDを買った。それはフェルナンド・ペソアというポルトガルの詩人の詩に曲をつけた楽曲のコンピレーションアルバム。ペソアは以前ポルトガルあたりの文学を調べた時に知っていた(というかこの人くらいしか知らない)ので手に取ってみた。いくつかの変名でそれぞれ違った作風の詩を書き分けたという少し変わった人で、同じポルトガル語圏のブラジルでも良く知られている。

搭乗機を待っている間に聴き始めたのだが、何曲か聴き進めていくうちに、何だかもう帰る気がしなくなって駄目だった。後ろ髪を引かれるなんてものじゃなく、胸をかきむしられる様な感情に抗しきれなくなりそうだった。搭乗口前の待合スペースという、もう後がない特別な歪んだ空間がいけなかったのかもしれない。しかしブラジル人は能天気な人が多いのにどうしてあんなに多くの哀愁あふれる曲を作ることができるのだろう。ボサノバでもジャズや他のポピュラーにしてもブラジル人にしか作り得ない別格の才能表現としか言い様がない。

  

 

 

多分、その3に続くでしょう

 

 

 

 

’05旅回想 その19 エジプト1

エジプト1>シナイ、カイロ、ナイル上流 Oct.-Nov. 2005

ウェイバ入国→ダハブ→カイロ→アスワン→ルクソール→カイロ

 

 

  

● 

ダハブはバックパッカーの沈没地として有名な所。僕は初め興味無く直接カイロまで行ってしまいたかったのだが、ヌウェイバ入港はまだ暗いうちで公共交通の姿は無く、タクシーに一緒に乗ることにした皆が行くと言うので立ち寄ってみることにした。一人だったらおそらく1,2日で出発しただろう。4人も一緒にいると主体性が無くなるのはいつものとおりだった。

f:id:pelmeni:20200716104733j:plainf:id:pelmeni:20200716105234j:plain

海を眺めているうちに、寄せては返す波の音に引き込まれるかの如くダイビングスクールに申し込んでしまった。というかここで何もせずにブラブラすることはできないとすぐに悟った訳。オープンウォーターとアドバンストコース。合わせて確か50USDくらいだった。同じ宿に泊まっていた旅行者は以前ベトナムの二チャンでダイビングのインストラクターをしていたそうで、彼が言うにはベトナムとエジプトが世界で最も安くダイビングをできるのではないかということだった。もう一人の宿泊者と二人でコースをとった。

毎日午前中に海に潜り、その間は旅のさなかでは珍しくも規則正しい生活だった。陽が落ちると海沿いの食堂に皆で食事に出かけた。別の宿に泊まっている日本人旅行者もいて、他の外国人旅行者も含めて賑やかになることもあった。ただ大抵は気が付けば、暗い照明の下生暖かい海風がゆるゆると流れるなかで波の音を聞きながらチルアウトする時間になっていた。当時のダハブは海に沿った1本道の両側に宿や商店、食事処など旅行者相手の施設が連なり、のんびりするにはちょうど良い大きさの小振りな町だった。町外れに1件だけ酒類を売っている店がぽつんとあり、背後に広がる砂漠ではベドウィンから特産物を買うこともできた。この小さな町に皆が長逗留する理由はすぐにわかった。

当時聞いた話によれば、ダハブはイスラエルシナイ半島占領中に開発したリゾート地シャルム・エル・シェイクが大きくなりすぎたために新たに作られたという。町外れにプライベートビーチ共々塀に囲まれた高級宿泊施設はあったが、それ以外高級さは感じられず長閑だった。そのせいか滞在者はバックパッカーを含むバジェットトラベラー、もしくはロシア人だった。この後に知るのだがエジプトの観光地には何処にもロシア人がいた。比べれば判ることだが彼らは西欧の旅行者とは明らかに雰囲気が違ってなんか野暮ったい。それは何処でも物価の安い所に群がる人たちだから…、ということだけでもないらしい。かつてエジプトが社会主義政権で交流のあった頃のよしみで其後も観光ビザは容易に取得できた。気軽に西側諸国等へ行けなかったソビエト連邦時代からの馴染深い国外の観光地ということらしい。

まだラマダンの期間中だったが、外国人旅行者相手の場所なので町中はほぼ通常営業だった。結局長居した理由はそれが第一だったのかもしれない。初めは慣れない風習にも興味深々で接していたが、この頃は正直なところ飽きていた。1週間のダイビングのコースが終了すると一日何もすることが無くなり、まるで廃人みたいだなんて自嘲するような生活になってしまった。

 

 ●

当時のカイロを思い出そうとしたものの、実は2012年再訪時の印象が強く、05年訪問時の記憶が古い分霞んでしまうのは仕方の無いことだ。12年前後は情勢が不安定で治安も悪かったため、通常なら街中に溢れんばかりの外国人旅行者の姿はどこにも無く、そのせいかウザくてしょうがなかった呼び込みや勧誘の存在は皆無だった。多くの住民が通りを行き交う普通の都会だった。-----でもそれは本来のカイロの姿ではないな。途切れることなく訪れる外国人旅行者とは持ちつ持たれつの関係、というかウザいほど依存していた彼等こそが僕のカイロの街の印象の幾許かを占めていたはずだったから。

それでも当時の事を思い出してみる。タハリール広場やタラアトハルブ通りあたりを歩いていると、観光客目当ての色々な客引きが声を掛けてきた。こちらもだいたい暇なので断ることなくついてゆき、画廊でラッセンもどきの色鮮やかな絵画を前に適当なことを喋ったりして暇をつぶした。あるいは工芸品の店だったりローズオイル等の土産物の店でも適当に時間を過ごした。でももちろん何も買った記憶はない。彼らはインド人の様に商売熱心な訳でもなく、多少強引だが雑であきらめも早いように感じた。どこまで真面目に商売に気が入っていたか怪しいもので、正直いえば油を売るといった表現が適切だと思った。ただその気持ちの緩さは嫌ではなかった。子供からいい歳した若者まで躾がなってないと思わせることも時々あったが、腹が立っても憎み切れずに小さく笑ってしまうような、どこか許したくなる小さな気持ちがあったことは否定しない。それはひとえに僕自身も劣らずいい加減な人間だからに違いない。

大相撲の大砂嵐関を思い出す度に、カイロの街中で騒いでいた若者たちの姿と重なってみえた。おそらく(エジプト人としては普通な)自らに甘い性格故に、規律が重視される日本の社会の中に居場所をみつけることは最後までできなかったのではないか。

  

 ● 

カイロに到着してすぐにラマダンが明けた。目抜き通りは上機嫌の人々で溢れ、夜遅くまで人通りが途切れることはなかった。一緒に喜ぼうと誘ってくれる人も調子に乗ってちょっかいを出してくる奴も皆様々。それが彼等の平常運転なのだろう。

下町の一角にとある古ぼけたビルがある。下階から順にスルタン、ベニス、サファリという3つの安宿があり、日本人旅行者ばかりが集まっていた。それは、わかる人にしかわからない砂漠のオアシス、あるいは砂地の蟻地獄… みたいなところ。僕は最上階の宿に滞在してみたが、ここも世界各地にあった多くの日本人宿の多分に違わず、そこだけ「日本」がふわっと現れたパラレルワールドでありながら劣悪な衛生環境で、定期的に殺虫剤が撒かれていたほどだ。必要な情報だけ入手して雰囲気がわかったらすぐに出ようと思っていたが、長居をしている人を中心に内向きな共同体生活っぽいことをしているようにみえたのが興味深く、予定より滞在を少し延ばした。気に入った人は沈没し、合わない人はすぐに去るような場所だった。後年とある街の「準」日本人宿が英文旅行ガイドブックに掲載された際の紹介文に ”commune like” とあったので、当時の僕の感想もあながち間違いではなかろう。まあ確かに色々な出自の人が集まっていたが、昔の様に特別な感銘を受けることもなかった。もうそのような環境に感化される旅歴ではなかったということだろう。とはいっても、気が抜けてしまう環境であることは確かで、大したことせずに数日位はあっという間に経ってしまう。

近いところではイスタンブールでヨーロッパとアジアを旅する人が行き交うように、カイロも中東やアフリカをそれぞれ旅する人が集まる所だった。街の規模も大きく一級の見所も揃い、多くの旅行者が集まるのにふさわしい場所だ。ここではかつて出会った旅行者と再会することも多いようだ。僕なんかこの2年前にエストニアのタリンの宿で数日一緒だった日本人旅行者に話しかけられ驚いた。彼とはダハブの海沿いのレストランで確か一緒にトランプをしたこともあったはずなのに全く気付いていなかった。

 -----2003年の6月頃にエストニアにいませんでしたか?
 -----えーと、確かにエストニアには行ったけど…、そう、その頃。ということは、
   あの時の、リュウ君???

彼は宿で僕の青いバックパックを見て当時を思い出したらしい。

 -----世界は狭い。

 

f:id:pelmeni:20200823012215j:plainしかし汚ねえ部屋だな、おい!

f:id:pelmeni:20200823014422j:plain近所の路上野菜果物市場

f:id:pelmeni:20200823014817j:plain堂々たる大河ナイル

 

 

  ● 

カイロには再び戻ってくるので、あまり長居はせずにナイル川を遡ることにした。まずは列車でアスワンまで行く。夜行列車で12時間、それも寝台ではなく座席車。でも予想外に近代的な車輌だったので助かった。長距離列車はたいてい遅れるものだがほぼ定時に着いた。特にここはエジプトなのだから全く期待はしていなかったが、すごいぞエジプト国鉄

アスワンに滞在する旅行者は2種類。アスワンハイダムやアブシンベル等への観光客と、観光を終えスーダン国境への唯一の交通である週一便の船を待つ大陸縦断旅行者。ゆったりと流れるナイルの眺めが美しいが、緑はほぼ川沿いにしかなく、町自体は乾燥して込み入った普通の町。観光客が多いせいかボッてくる店が多く、数少ない正直な店を探し出すのも一苦労だった。

f:id:pelmeni:20200823020522j:plain町の対岸に渡る。フェルーカという帆船がゆっくりと漂うナイルの光景はのんびりとしていて気持ちのよいものだった。

 

f:id:pelmeni:20201201031440j:plain
ホテル・オールドカタラクト アガサ・クリスティーナイル殺人事件を執筆したホテル 格式高く気軽に歩き回れないのでロビーだけ

 

f:id:pelmeni:20201202193411j:plain

ヌビア博物館 イスラムの国によくある人形を使用したリアルな民俗の展示はここでも!

 

f:id:pelmeni:20201214174815j:plain
f:id:pelmeni:20201202192754j:plainアブシンベル 「巨大」

f:id:pelmeni:20201202194216j:plainイシス神殿

上記どちらも保存のために移築されたもの 分割解体して運んだ後に合体させるとか、その発想がちょっと信じられない

 

その後ルクソールへ。カイロに次ぐここもエジプト最大の見所。町はナイル河東岸だが遺跡は両方にまたがって存在する。陽が沈む西側には死者の眠る王家の谷、東側にはカルナック神殿ルクソール神殿、博物館など。西岸の遺跡へはナイルを船で渡るがその先には交通がないのでたいてい宿でツアーに申し込む。自力で回りたい少数は自転車を借りて行くが、想像以上の苦役になるようだった。僕はといえば、更に少数派、レンタルのオートバイでちゃちゃっと回ろうと考えた。宿の従業員に尋ねると1日20ドルで可能というので喜ぶ。ただナイルを渡る船は自転車までしか載せないので、9km上流にある橋を往復しなければならなかった。メットもブーツも無しの解放感は日本ではまず得られないものだ。スピードを出すと周囲の風景があっという間に去ってしまうのがもったいなく思えて、必要以上にゆっくりと転がす。おかげで普通の集落の中に入りこみ子供たちに追いかけられたりしながら、遺跡巡り以外も含めて一日を楽しみ無事帰還。

 

f:id:pelmeni:20201214175748j:plainf:id:pelmeni:20201214181057j:plainf:id:pelmeni:20201214182114j:plainf:id:pelmeni:20201214181757j:plainf:id:pelmeni:20201214182433j:plainf:id:pelmeni:20201214183402j:plain

 

 今写真見ても、もはやどこがどこだか憶えていないのだった。

 

f:id:pelmeni:20201214183046j:plain
f:id:pelmeni:20201214175014j:plain

中国製125㏄シングル 以前に乗っていた単車もシングルだったので、単気筒の規則的なエンジン音が懐かしかった

 

東岸は自転車でまわった。カルナック神殿で知り合った日本人女性と夕食後に彼女が泊まっている宿に遊びに行ったところ、そこにいた日本人旅行者達は、僕が今まで所々で出会ってきたすべて知っている顔だった。ついでにエルサレムで一緒に酒を飲んだ韓国人たちまで居たのには笑ってしまった。何でみんな揃っているんだよ、え?。それは多分この宿が「地球の歩き方」に載っている宿だったからだろう。

僕は到着時に鉄道駅で声をかけてきた客引きについていって宿を決めた。街中にあって出来たばかりできれいで安かったうえ、その客引き、というか若い従業員も明らかに仕事始めたばっかりですといったフレッシュな感じで、スレた印象を受けなかった(それがいつまで続くかはしらないけど…)ので、所謂当たりの宿だったのだろう。そういった従業員とは仲良くなっておくべきである。細かく気にすれば困りごとは結構生じるもの。頼んでも碌に仕事をしてくれない輩は想像以上に多い(笑)。

当時ルクソール鉄道と街が結託していて、外国人旅行者には、直近の期日の鉄道切符を駅で販売してくれなかった。1日でも多く滞在させるためか1ポンドでも多く金を使わせるためかは知らない。日本ではまず考えられないことだが、この様なセコい話は海外では時々お目にかかる。僕もこの時窓口で週末まで空席は無いなんて言われたので、宿に戻りその従業員に買ってきてもらうことにした。彼ハッサンとは立話したりちょっとした頼み事をしていたので一言で話は通じた。希望日の切符は入手でき上乗せも安いものだったので、ま、それはそれでよかった。つまらないことに腹を立て気を煩わす時間は非常にもったいない。時間は限られている。旅も長く続けると必然的に割り切った即断というものをパッとできるようになる。ただ帰国後もそのままの気分でいるとドライな奴だと冷めた目で見られることにもなる。

 

f:id:pelmeni:20201215025819j:plainf:id:pelmeni:20201215030154j:plainf:id:pelmeni:20201215030401j:plainf:id:pelmeni:20201215030928j:plain

 

しかしすべてがデカくて大味だった…、それがエジプト。全く以ってヒューマンスケールから逸脱していて、それが古代というあまりに遠い時間の隔たりを実感させてくれた。